« 柳田国男における文学と革命としての『遠野物語』 | トップページ | 牧民雄著『日本で初めて労働組合をつくった男 評伝・城常太郎』(同時代者2015)書評 »

2017年2月 5日 (日)

労働運動講座の第2回は鳥井一平氏の「移民と労働運動」

昨年の11月に立ち上げた変革のアソシエ講座「新しい労働運動の構想」は、私のバイク事故のために立ち上げ早々に2ヶ月間のお休みとなってしまったのだが、ここで再開しなければと、2月に入ってすぐに、第2回目の講座の講師に予定する全統一労働組合特別中央執行委員の鳥井一平氏と打ち合わせをした。鳥井一平氏はNPO「移住者と連帯する全国ネットワーク」の代表理事でもあり、講演のテーマは「移民と労働運動」となった。「移民と労働運動」というのは、世界中ではあたりまえの運動であるのだけど、難民や外国人労働者の入国を厳しく制限する日本では、ありえない運動とされている。しかし「研修制度」と称する外国人のいわば「人身売買」はかなり以前から問題になっており、それに取り組んできた鳥井一平氏は、2013年にアメリカ国務省から「人身売買と闘うヒーロー」として表彰された。
http://www.labornetjp.org/news/2013/0920torii
しかし鳥井一平氏をヒーローとして表彰したアメリカは、トランプ政権になって移民の締め出しをやりだし、まともな国々がそれを批判する中、安倍政権はわが意を得たりとばかりにトランプ大統領に追随しようとしている。そしてそれは、この先も日本ににおける移民労働者とその労働問題を認めないという対応になるだろうし、正規社員中心の企業別組合である日本の労働組合もそういうものとしてわが身(組合)を守ろうとするだろうことは目に見えている。というわけで、講座「新しい労働運動の構想」第2回のテーマは、いま世界はこの問題の真っ只中にあるといえる「移民と労働運動」、日本の労働運動の現状と問題点も大きく浮かび上がるでしょう。開催日は3月25日か26日を予定、詳しくは続報で、ご期待ください。

もうひとつ鳥井一平氏は、倒産争議を勝ち抜いて自主生産企業として生き残った零細労働者企業をまとめて、困難ながら「自主生産ネットワーク」をやっている。私も失業後に「自主事業サポートセンター」というNPOを立ち上げて、そこに参加していたことがあり、下記はその頃2008年12月23日に書いたブログだが、「自主生産ネットワーク」の忘年会は倒産争議中の占拠した会社で行われ、そこはまた「研修先」から逃げてきた若い中国人女性のシェルターにもなっていたのであった。
http://daruma3.cocolog-nifty.com/nh/2008/12/index.html

さらにもうひとつ鳥井一平氏のことを書くと、50歳を過ぎての失業後、私は自分のSOHO仕事だけでは食えない分をあちこちでアルバイトしたのであったが、ある会社にいた時に、ある日社長から「客商売なのにお前はジジくさいから首だ」と言われた。金正日ばりのワンマンで社員から恐れられていた社長で、それまでも社員の入れ替わりの激しい会社で、私は「辞めるのはいいけど、直ぐに辞めろというなら前賃金一ヶ月分を下さい、さもなければ辞めるのは一ヵ月後で」と言ったら、「何を、直ぐに辞めろ、前賃金など払わない」と言い、連日「辞めろ辞めろ」と言うので、仕方なしに鳥井一平氏に相談したことがあった。そしたら、全統一労働組合から会社に一通の申し入れ書が送られて、後日団交と相成ったのであったが、団交にやって来たのは鳥井一平氏ひとり。私は働いている時には団交を受ける側にいたこともあり、団交にはだいたい強面の労働組合員が何人か来て大声でやるものだが、鳥井一平氏は静かな口調で理路整然と会社側の対応の不当性を述べると、その後社長は自らの団交要員と相談に入り、そこから戻るや、こちらの要求、①前賃金を払え、②半年に遡って雇用保険をつけて会社都合退職とせよ、③解決金が必要だ、の3点を全て飲んだのであった。団交前には社長と談笑していた鳥井一平氏であったが、いざ団交が始まると全身から団交オーラが立ち上り、会社側は蛇ににらまれた蛙の如くにそれに飲まれてしまったわけである。時間にして小1時間、私はあまりの手際にあっけにとられたものであった。

|

« 柳田国男における文学と革命としての『遠野物語』 | トップページ | 牧民雄著『日本で初めて労働組合をつくった男 評伝・城常太郎』(同時代者2015)書評 »

コメント

ちょっと長いですが、何かのご参考になれば幸いです。

こんにちは


さて、とつぜん失礼致しますが、次に私(埼玉・60代・男) が培ってきた「遺書」のようなことを述べます。よろしかったらお付き合いを。


アメリカでは、「人が死ぬ」ということは、図書館がひとつなくなったのとおなじだ、ということわざがあるそうです。


米国の大統領が退任したときには、”記念図書館”をつくるそうですね。


では本題に入ります。ご多用中なにかのご参考になれば幸いです。


始めます。(疑問がございましたら電話でもなんでもしていただいて結構でございます。電話番号は必要ならばご連絡致します。非通知でもでます。人差し指入力ゆえ、話した方がいいんです)


 ★  「結果」(事象) には必ず「原因」があります、ということについて


【その1】


すべての「結果」(事象) には必ず「原因」があります、ということについて


大ざっぱに申せば、日本は火山国です。すなわち、火山灰土壌です。お忙しいでしょうから、はしょって申しあげます。


火山灰土壌は、Ca = カルシウムが不足します。 → カルシウム不足でヒトはイライラします。(そのカルシウムの代わりをしているものは、マネー(お金) です。) → 特に、日本という人口密度の高い国では、それが伝播します。 → 例えば、朝、家族でケンカして出勤した会社の上司にある人が、そのイライラを部下に当たりちらしたとします。 → その部下は帰宅して家族に当たります。 → その家族(特に子ども) は翌日、学校へ行き、同級生に当たります(イライラの伝播です、「いじめ」です) → それは今も核分裂反応のごとく日本国中に拡散し続けています。


その証左のひとつに「敬語」があります。 → 平安時代の紫式部でさえ敬語を使っています。それも、敬語に敬語を重ねる「二重敬語」です(現在もありますが) → 日本に住むヒトが 怒りっぽいのを昔から知っていたのですし、現代人も知っているので「敬語」を使い、相手を怒らせないようにしているのではないでしょうか。


中元・歳暮などの風習もそれゆえかと思っています。


蛇足ながら(釈迦に説法かもしれませんが) 、甘いものを消化・排出するためには、Ca = カルシウム が必要とされています。ケーキの食べ放題などはもっての外です。


ほうれん草のおひたしにオカカをかけます。(最近はオカカすらかけないらしいですが) 。


ほうれん草に多く含まれるビタミンK と相まって初めてかつを節のカルシウム分を摂取できます。カルシウムのくすりなどはすぐ排せつされます。牛乳なども同じだと思います。(牛の体温はヒトとは違いますし)


長くなりますが、左・右脳の使い方には男・女差があります。左・右脳をつなぐ、「脳梁(のうりょう) 」という器官が女性の方が太いらしいです。ご存じかどうかわかりませんが、クルマを運転すると「左脳」を使うため(細かい神経を使うため) 、甘いモノが欲しくなります。男が2時間も運転すると、いつもより甘ったるい缶コーヒー、ココアなどに手がでます。


ヒトは左・右脳を同時に使えませんが、女性は器用に左・右脳を細かく使い分けます。(男・女の「口論」では絶対女性が勝ちます。負けた男は悔しいので、手が出ます → アザという証拠を残してしまい DV 法です。女性の、左・右脳をたくみに使った「キツイ言葉」は男の奥底に響きます。その心を傷つけるヒドイ言葉の上に、さらに傷口に塩をなすりつけるようなヒドイ言葉には、「証拠」が残らない...)


女性が甘いモノをすきなのは、左・右脳を小刻みにつかって、あたかも自動車を運転してるかのような脳の使い方をしているからでしょう。なお、くだものの甘味も砂糖と一緒です。


途中ですが、人差し指入力ゆえに疲れてきました。電話で話すほうが楽です。特にマルC はございませんので広めてください。


【その2】


以下少し長いですが、私見を書きましたのでご多用中とは存じますが何かのご参考にしていただければ幸いと存じます。


和辻 哲郎 著「風土」、ルースベネディクト女史「菊と刀」など、数次にわたる、特に外国人による、いわゆる「日本人論」に象徴・代表される日本人の国民性を考慮せず、言わば ”日本の常識は世界の非常識 “ という「常識」から逸脱して、拙速に小選挙区制に走った(当時のリクルート事件に端を発する「政治改革」が、いつの間にか、「選挙制度改革」に矮小化された結果「小選挙区比例代表並立制」になった ことは残念なことです。悲劇です。


今般の学校の「9月始業」もそうです。自動車を右側通行にするようなものです。


例えば、お聞き及びかとも存じますが、血液型による性格判断、日本は、A型・O型・B型・AB型の割合が、ほぼ40%・30%・20%・10%のようにきれいな割合です。
(法医学者・古畑 種基(ふるはた たねもと)著「血液型の話」岩波新書及び例えば、能見正比古(のみ まさひこ)氏の血液型による性格の違いに関する多くの著作(戦時中、お前は何型だから、砲兵隊だ、お前は何型だから、潜水艦だ、などと旧日本軍は "活用" していた由のコトが書いてあったと記憶しています。) に接して以来、最初は興味本位でしたが、瑠々述べましたとおり、大変重要なコト( 「日本」 という "国" のガラパゴス化が進んだ) という思いが本メールの結論みたいなモノです。まとまりませんが少しでも私見をくみとっていただければ幸いです。


「二大政党制」はこの国では上述のよな理由から無理なのです → 野党は多数存し、与党とて決して一枚岩ではなく派閥の集合体です。Ca に変わる、お金=マネーでつながっているだけだと思っています。


米国・英国は、前述の法医学者・古畑 種基(ふるはた たねもと)著「血液型の話」岩波新書によりますと、A型45%、O型45%ですから、2大政党制が成り立つのだと思っています。


また、野党の多党化(派閥も含む) の原因となっていると思っています。


今、両手で「神様お願い」のポーズをとってみて下さい。その時、同じ血液型同士でも、どちらの手の親指が上になるか、で性格が異なります。(左利きのひとには当てはまりませんが) 。


右脳・左脳の「利き脳」の違いです。ちなみに、純粋な右利きで、左手の親指が上になるひとは、右脳優位、右手の親指が上になるひとは、左脳優位(私が、近しい同僚、親戚縁者など、約400サンプルくらいで調べた数字では、半分、半分です。私は学者ではありませんので、正確な統計などは持ち合わせておりませんが) 。一言で違いを申せば、「ジョーク」が通じるか否か、でしょうか?


更に、釈迦に説法ですかもしれませんが、日本という国には決定的に足りないものがあります。⇒ Ca (カルシウム) です。火山灰土壌ですから、Ca 不足になっています。6つの必須ミネラルのひとつです。(厚労省のHPにもあるとも聞きました)


(以下、重複箇所があるかもしれません)


簡単に申せば、Ca 不足はヒトをイライラさせます。いじめの原因です。日本語には敬語(尊敬語・ていねい語・謙譲語) があります。なぜなら、怒りっぽい、イライラの人ばかりですから、そんな相手を怒らせないためです。


平安時代の紫式部の時代から、敬語に敬語を重ねる「二重敬語」が使われています。


余談ですが、大航海時代、日本で補給した水は、赤道へ行っても腐らなくて美味しかったそうです。いわゆるCa (カルシウム) が入っていない「軟水」だったからでしょう。アメリカ人は水がまずいので、コカ・コーラを飲むのでしょうか?


話がそれましたが、Ca 不足なら牛乳を飲めとか、Ca 剤を飲めとか言われますが、ほうれん草のおひたしにオカカ(かつお節) をかけて食べる習慣もなくなりつつありますが、ほうれん草にはビタミンK が多く含まれます。ビタミンK がなくては、かつお節のCa が摂取できません。先人の知恵です。


【結論】?


小児虐待について


以上述べましたように、日本人は怒りっぽいということです。Ca(カルシウム) 不足だからです。


Ca(カルシウム) の代わりをしているものは、マネー(お金) です。


高度成長期や、いわゆるバブル時代には「お金」が、それなりにありました。


しかし、ここまで国民が「貧困」(貧乏でお金がない) なのですから、「児相」、「保育園」、「警察」等の担当者とて例外ではありません。そもそもタテ割りですし。


前述させていただいた、血液型の混在等による、意見集約の困難もあります。


2分間に一組が離婚、などと言われますが、そのあたりも遠因になっているなとども思っています。(A型とB型の夫婦が、2人の子どもをもうけたとします。2人の子どもは、O型とAB型の可能性があります。一家族4人全員の血液型が違うケースが出現します。さらに前述の「両手で神様お願いのポーズ」などを加味したら、いなかの狭い生活を嫌ってひとり暮らしに憧れ、都会の匿名性を求めるのは自明 かと思っています。


最後までお読みいただきありがとうございました。また、乱文・誤字、脱字はご宥恕(ゆうじょ) お願い申し上げます。なお、重ねて申し上げますが、この小論には所謂マルC はございません。拡散していただければ幸いです。(私は「ブログ」、「FB」などの方法が分からないのでこのような方法を取らせていただきました)


なお、もっと長いバージョンもあったのですが見つかりません。見つかりましたら再度お送りするかもしれません。DM は長くなりがちなのでとくに返信は必要ございません。突然にたいへん失礼致しました。では。


蛇足ですが、平凡社の『QA』(キュー・エー) という雑誌は読みあさりました。
いまは、広瀬 隆さんのユーチューブ(90分) などを見直しています。 → https://youtube.com/watch?v=Jfg2AwPhM-U&t=821s;

投稿: | 2020年7月 8日 (水) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働運動講座の第2回は鳥井一平氏の「移民と労働運動」:

« 柳田国男における文学と革命としての『遠野物語』 | トップページ | 牧民雄著『日本で初めて労働組合をつくった男 評伝・城常太郎』(同時代者2015)書評 »