« 産業組合青年会 | トップページ | 柳田国男における文学と革命としての『遠野物語』 »

2016年12月23日 (金)

柳田国男と宮沢賢治

バイク事故から3週間、肋骨は落ち着いてきたものの相変わらず右足が腫れていて、今日医者が曰く「直りが遅いのは歳のせいもありますね」とのこと、入院はしなくて大丈夫だろうとのことで、引きつづき自宅療養となった。自宅療養というのは、パソコンいじりのほかは、足を高くして寝ているだけ。今週からやりかけのDTP仕事『変革のアソシエ』27号つくりを始めて、やっと校了まであと一歩のところまできた。『変革のアソシエ』27号には、大内秀明氏が「宮沢賢治と産業組合」の論を書いていて、私も同じテーマで書こうとしているのだが、同じ切り口でというわけにもいかないから、私は「柳田国男と宮沢賢治」といった切り口で書こうと、『現代思想』2012年10月臨時増刊号「総特集・柳田国男」をネットで購入して読んだところ。

この本には、天沢退二郎氏が「遠野物語〈と〉宮沢賢治は可能か」という小文を書いているから、それで購入したわけだが、ほかも大方読んだ。柳田国男の代表作の『遠野物語』は、柳田国男が遠野出身の佐々木喜善からの語り聞きをまとめたもので、遠野といえば宮沢賢治の時代には花巻から軽便鉄道が通って、そこは宮沢賢治の童話の世界にもなっている所で、柳田国男と宮沢賢治はその世界を同じくしているし、「ざしき童子」と「ザシキワラ」シの同じような話も書いているし、後に佐々木喜善は宮沢賢治を訪ねて語り合いをしているから、「柳田国男と宮沢賢治」というテーマはありうるわけで、天沢退二郎氏の結論は以下のようになっている。

要するに、『遠野物語』を第一話から順々に読み入っていくとわかるのは、これが「物語」――西洋中世の物語、たとえばアーサー王物語部の語り出しに頻用される《物語の語るところによれば》という決まり文句が明示している〈物語〉の非人称性なる特質を指している。すなわち 『遠野物語』の魅力の根源は、西洋中世の騎士物語や、われらの『雨月物語』や宮沢賢治の童話などと共通の、非人称的な〈物語〉なるものの力によって支えられているのである。それでは、「遠野物語〈と〉宮沢賢治」の問題はどうなるのか? 決してあからさまにその名や体を見せることはないが(ざしき童子とザシキワラシの場合は稀にみる急接近だとしても)、「遠野物語」のいたるところに〈宮沢賢治〉がいるし、賢治テクストのいたるところに〈遠野物語〉があるのだと――かくのごとくに、「遠野物語〈と〉宮沢賢治」の「と」は、可能であると、言ってよいのではないだろうか。

と、以上のようになっているわけだが、私の考える「柳田国男と宮沢賢治」はこれではいけない。私的には、柳田国男と宮沢賢治のふたりの共通項には「遠野の世界」のほかに、もうひとつ「産業組合」があり、その扱われ方がある。幼い頃に飢餓を体験した柳田国男は、大学で農政学を学び、卒論には「社稷」の話を書き、農商務省に奉職すると1902年に『最新産業組合通解』を書き、産業組合の普及に力を入れた。柳田国男が『遠野物語』を書くのは1910年のことである。一方、宮沢賢治は『春と修羅』と『注文の多い料理店』を自費出版した1924年に「産業組合青年会」の詩を書き、1926年に花巻農学校を退職すると、同年6月に『農民芸術概論要綱』を書き、8月には「羅須地人協会」を立ち上げた。そして青年が力を合わせて産業組合を立ち上げる『ポラーノの広場』を書き、死ぬ間際には遺書のように「産業組合青年会」の詩を詩誌に送っている。しかし、多々ある柳田国男論でも宮沢賢治論でも、このあたりのことを書いたものは極めて少ない。『現代思想』の「総特集・柳田国男」もそうで、これを読んだところで、当文を書こうと思い立ったわけ。

柳田国男と宮沢賢治の共通項としての産業組合といっても、それぞれにおける産業組合への取り組みの流れはちがう。若き松岡国男は「文学界」の同人になり抒情詩を書いたわけだが、自然主義を批判し、田山花袋や島崎藤村と決別してやがて『遠野物語』を書いた。私見では、柳田国男は貧しい農民を救済すべく各地を回って産業組合の普及を説いたのであろうが、土着の現実にも突き当たったであろうと思われる。そして山人を知り、「国内の山村にして遠野より更に物深き所には又無数の山神山人の伝説あるべし。願わくは之を語りて平地人を戦慄せしめよ」と序に書いて『遠野物語』を自費出版した。田山花袋には「君には僕の心持は解るまい」、「君には批評する資格がない」とさえ言ったそうである。天沢退二郎氏が書くように『遠野物語』は反自然主義の物語であり、日本の近代化と近代文学を批判しており、その後の柳田国男は民俗学に向かう。一方、宮沢賢治は柳田国男よりも21歳若く、盛岡中学時代から同校の10年先輩の石川啄木の影響を受けて短歌を作るようになり、盛岡高等農林学校では同人誌をやり、やがて法華経を読んで救済の道を志すようになり、童話を書くようになった。実家の仕事を嫌い、東京への憧れもあったが、妹トシの死を契機に日本近代文学では前人未到の作品行為をなし、やがて教員を辞めて新たな理想に生きようとして「羅須地人協会」を立ち上げ、その内実は、宮沢賢治流の産業組合であったと思われる。産業組合は今でいう協同組合であり、農業、信用、消費の各分野で系統化をすすめながら広がりつつあり、1924年に「産業組合青年会」の詩を書いた頃には、宮沢賢治の中でそれは農民の理想と一体化していたと思われる。

柳田国男は、抒情詩を捨て、産業組合の普及仕事から『遠野物語』を自費出版する道を歩み出し、宮沢賢治は『春と修羅』と『注文の多い料理店』を自費出版した後に産業組合に心寄せた。だから、これは反対の歩み方かといえば、そうではない。柳田国男が田山花袋に「君には僕の心持は解るまい」と言ったように、宮沢賢治の産業組合に寄せる心持を理解しようとする人は少ない。要は、ふたりが「これではだめだ」と思ったことを、相変わらず人々はつづけているということだ。宮沢賢治は、1933年(昭和8年)に亡くなった。今の時代状況は、その頃と似ていないだろうか。

ここでおとなしくしていないと、いつまでも傷を引っ張りかねないから、年内の外出は来週の病院行きくらいであろうか。酒は年内は禁酒予定。だから、それまでは本を読むくらいしかすることがない。せっかくだから、柳田国男の『遠野物語』や産業組合論、宮沢賢治の『風の又三郎』や「ポラーノの広場」などをを再読してみよう。以下は、今年の春に書いたもの。やっと、ここに戻って来た。来年の春までには、「柳田国男と宮沢賢治の産業組合」をまとめたい。
http://daruma3.cocolog-nifty.com/nh/2016/04/index.html

|

« 産業組合青年会 | トップページ | 柳田国男における文学と革命としての『遠野物語』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113260/64661029

この記事へのトラックバック一覧です: 柳田国男と宮沢賢治:

« 産業組合青年会 | トップページ | 柳田国男における文学と革命としての『遠野物語』 »