« 「労働力商品化の止揚」という表現はもうそろそろ再考を | トップページ | さて、何を書くか? »

2016年10月12日 (水)

日高屋でちょい飲み

今日は、夕方から仲町の日高屋で小野寺忠昭さんと、来月から「変革のアソシエ」でやる労働運動講座の打ち合わせ。講座の第1回は、小野寺さんからの問題提起を中心に、11月22日にやることを決めた。日高屋は、2時間近くのちょい飲みで、1人1500円。大した飲食ではないけれど、ジジイ二人が喫茶店でコーヒーだけで話すよりは、話がはずむ。
労働運動講座の企画は、以下のとおり。最初は今年の6月頃にシンポジウムをやる予定だったけど、1年間で全10回の連続講座に切り替えたところ、宇野派の先生方と実践者をコーディネイトした、自分で言うのもなんだけど、私の渾身の企画です。

テーマ:新しい労働運動の構想
 非正規労働者が四割を超え、正規労働者の組織率も実質一桁に落ち込みながら、正規労働者による企業別組合が労働組合の顔をしてなおかつ翼賛化している日本の労働組合の現状に対して、私たちはどんな対抗運動の構想を対置し得るのか。
 「脱労働力の商品化によるコミュニティの形成」を軸に、東北における地域循環型社会構想、「広瀬川流域スマートコミュニティ構想」をすすめる大内秀明氏らの「仙台・羅須地人協会」とも連携しながら、コミュニティをベースにした新しい労働運動を構想するところです。
 問題提起と現状分析を中心にしたプレ講座を4回、2017年春からは、運動現場と社会運動からの報告と運動論の構築で6回の全10回を予定しています。

■第1回
 テーマ:新しい労働運動の構想①労働社会の再建
 講 師:小野寺忠昭(元東京地評オルグ)
 日 時:11月22日(火)18時~20時
 場 所:変革のアソシエ東京事務所(中野)
 参加費:1000円
 申込み:平山まで

■講師(※予定だけどみなさん了承済)
 大内秀明(東北大学名誉教授、仙台・羅須地人協会代表)
 鎌倉孝夫(埼玉大学名誉教授)
 伊藤 誠(東京大学名誉教授)
 河村哲二(法政大学教授)
 樋口兼次(協同組合中小企業研究所)
 鳥井一平(全統一)
 嘉山将夫(埼京ユニオン)
 都筑 建(NPO太陽光発電ネットワーク)
 堀 利和(NPO共同連)

|

« 「労働力商品化の止揚」という表現はもうそろそろ再考を | トップページ | さて、何を書くか? »

コメント

今日のfacebookに以下を書きました。ついでにここにも。

社会評論社の松田社長から、毎日新聞の書評に佐藤優氏が青木孝平著『「他者」の倫理学』の評を書いてくれて本が売れ出したよとうれしそうに電話があって、評のPDFが送られて来た。明後日は「変革のアソシエ」の共同体研究会があって、本書への私の評をレジメにして研究会を行う。ポイントは、宇野経済学の可能性、とりわけ『恐慌論』による現状認識と、脱労働力商品化によるコミュニティの形成は可能か、ということ。青木孝平氏の論は理解できても、運動論的には批判的に読まざるをえない。原理論とその適応と現実の運動と、これも三段階論的に考えるしかないのか。私は学者じゃないから、研究会と合わせて11月から添付の労働運動講座「新しい労働運動の構想」も立ち上げるところ。ここで構想する新しい労働運動としての脱企業組合・非正規・外国人らによる「地域労働者コミュニティ」の形成こそが、これまでの企業内組合が主体の連合型労働組合を超えて、より広い「地域コミュニティ」形成への嚆矢になるだろうと思っている。講座を、よろしく。

投稿: | 2016年10月23日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113260/64340116

この記事へのトラックバック一覧です: 日高屋でちょい飲み:

« 「労働力商品化の止揚」という表現はもうそろそろ再考を | トップページ | さて、何を書くか? »