« 土と文学 | トップページ | 『校本・宮沢賢治全集』と「凡夫の俗論」 »

2016年6月13日 (月)

花巻ユトピーオ

Photo2月28日に仙台ヒデさんから、「貴兄の組合論、賢治の産業組合にひっかけた論稿をグリーン冊子の第三集に載せたいのです。くれぐれも宜しく。」とのメールをいただいた。「グリーン冊子」というのは、「仙台・羅須地人協会」発行の冊子で、これまでに1号を2014年12月に、2号を2015年12月に発行して、そこに2014年12月に仙台ヒデさんと共著した『土着社会主義の水脈を求めて』のつづきの論考と併せて、その後の取り組みなどを報告しているのだが、年1回の発行では間に合わないくらいの論考&運動の進捗状況になってきたということであろうか。

「くれぐれも宜しく」というのは仙台ヒデさんの殺し文句であって、メールをもらった私はたちどころに「産業組合」について何か書かねばと思い、その頃私は柄谷行人の『近代文学の終わり』(インスクリプト2005)と『定本・日本近代文学の起源』(岩波現代文庫2008)を読んでいたのだが、さらに柄谷行人『柳田国男論』を読んで、文学論と産業組合論の二方面からの論考に入って、国木田独歩と田山花袋、カール・ポランニーと柳田国男といったところを新たに読み出したのであった。

この辺りのことはこの間ブログに書いたわけだが、そこにも書いたように、書こうとするのは「賢治の産業組合にひっかけた論稿」であり、さらに書かんとするのは『土着社会主義の水脈を求めて』で私がめざしたもの、「日本の社会主義の終わり」&「日本の協同組合論」なのである。柄谷行人は、明治二十年代の後半に「抒情詩」をメルクマールにめぐり合った国木田独歩、田山花袋、柳田国男、島崎藤村らの出会いと決別から近代日本国家の成立を一体的に描くわけだが、国家官僚となった柳田国男が「抒情詩」との決別後に「産業組合」を論じたことに対する言及は弱い。

柳田国男の産業組合論は、やがて『遠野物語』へと姿を変えて日本の民俗学として土着化するわけだが、日本の近代化は資本主義を成長させ、やがてかつて日本の自然主義文学を生み出したのと同じ風土の中から、近代主義的な社会主義運動を生み出し、そういうものとしての協同組合運動も誕生させた。そういった日本の産業組合を否定した外来種的な階級闘争論による社会主義運動と協同組合運動は戦後までつづくわけだが、さて「宮沢賢治の産業組合」とはいかなるものであったのであろうか、というのが拙論のポイントとなるわけである。

そして、これを協同組合論的に論じようとすれば、木に竹を接ぐみたいな論になりかねないから、ここは文学論的にやるしかないと思うわけである。宮沢賢治は、学生の頃に関心を持ち、本屋でアルバイトしながら筑摩書房の『定本・宮沢賢治全集』を買い揃えたが、ちょい読みはしてもまだ本格的に取り組んだことはない。さて、いよいよそれをやろうと思うところで、難しい本を読む時に「解説」から読むことがあるように、今月は井上ひさしの本を読んでみた。

『新釈・遠野物語』(1976.11)、『イーハトーボの劇列車』(1980.12)、『吉里吉里人』(1981.8)と、宮沢賢治に関係がありそうなものを読んだわけだが、これを読んでいる間に、朝日新聞夕刊の「わたしの半生」で、井上ひさしと高校が同級の憲法学者の樋口陽一氏が登場して、その第1回目で「私の亡き親友、作家の井上ひさし」と「仙台一高の1学年先輩の文ちゃんこと、菅原文太」について語り、その最終回では「東北の寒村が憲法と農業を軽視する政府に憤り、日本からの分離独立を宣言する物語」『吉里吉里人』について語り、「今の私の義務は『吉里吉里人』の理想を共有した、仙台一高の盟友たちの志を語り継ぐこと。義務であると同時に、夢でもあるんだ。」で結んだのを読んで、そのシンクロに驚く。

井上ひさしがこれらの本を書いたのは、1970年代後半から1980年代初頭の頃、軍拡による米ソの対立が極まって「核戦争○分前」と言われた時代で、核軍拡のほかに多国籍企業の拡大とタックスヘイブンによる税逃れ、食料自給の危機、その一方での世界的な地域自立運動のめばえといった今日につづく時代背景がある。井上ひさしは、東北における若き日の体験をベースに柳田国男の『遠野物語』にインスパイアされ、人生で初めて購入した本である宮沢賢治の世界を再構築して対案しようとしている。

『イーハトーボの劇列車』において、賢治は彼を尾行する花巻署の刑事に対してこう言う。
「花巻ユトピーオ、これが村の数だけ世界中にできてごらんなさい。壮観ですよ。想像するだけで気が遠くなる。いいですか、どの村もみなそれぞれ《中心》になるんです。そしてそれらの無数の中心がたがいに交流しあい・・・」と・
これはまさに『吉里吉里人』に描かれた東北における「吉里吉里人」の独立運動そのものである。

井上ひさしは『新釈・遠野物語』だけでなく、『イーハトーボの劇列車』においても『吉里吉里人』においても柳田国男に言及している。柳田国男は、遠野生まれで早稲田大学の学生であった佐々木喜善から話を聞いて『遠野物語』を聞き書きしたわけだが、後に佐々木喜善は宮沢賢治とも交流し、1932年4月に喜善は賢治を訪ねてもいるから、宮沢賢治も柳田国男のことは知っていたかもしれないし、産業組合についても勉強したかもしれない・・・。

と、今日はここまでである。今日は梅雨らしい雨降りの日であった。梅雨はこれから1ヶ月以上つづくだろう。利根川水系は渇水状態だと聞くし、けっこうけっこう。柄谷行人は「近代文学の終わり」を言うけど、果たして宮沢賢治の文学とは?

|

« 土と文学 | トップページ | 『校本・宮沢賢治全集』と「凡夫の俗論」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113260/63774295

この記事へのトラックバック一覧です: 花巻ユトピーオ:

« 土と文学 | トップページ | 『校本・宮沢賢治全集』と「凡夫の俗論」 »