« 「文学と革命」における私小説の可能性 | トップページ | 土と文学 »

2016年5月19日 (木)

『遠野物語』と『海上の道』

4月は柳田国男の「産業組合論」を中心に本を読んだわけだが、今月は『遠野物語』と『海上の道』を読んでとりあえず柳田国男は区切りをつけて、6月からはいよいよ『宮沢賢治全集』だと思っていたのだけれど、柳田国男は田山花袋や島崎藤村とのつきあいもあった文学系の人でもあって、その辺りも気になって、高校生以来半世紀ぶりに田山花袋を読んだ。『蒲団・重左衛門の最後』、『田舎教師』、『時は過ぎゆく』、『東京の三十年』と読んだわけだが、そしたら柄谷行人とは逆に田山花袋に共感がもてておもしろく、新潮文庫の解説に福田恆存は「花袋はわが国における文学青年のもっとも純粋で典型的な代表者だった」と書いており、なるほどと思ったところ。柳田国男は17歳で歌人松浦萩坪の門下となり、そこで田山花袋と知り合い終生の友となる。そして田山花袋の紹介で島崎藤村とも知り合って懇意になるのだが、ある時役人になった柳田国男に島崎藤村が兄の仕事の口利きを相談したのを機に、柳田国男は島崎藤村と絶交している。

柳田国Photo男は1910年(明治43)に『遠野物語』を書いて、それまでの農政学から民俗学に転向したと言われるわけだが、『遠野物語』を出した同じ年に産業組合について書いた『時代ト農政』も書いている。この関係について斉藤隆至氏は「このことは、柳田にとって、協同組合論と『遠野物語』とは論理的に整合的な関係にあることを示しています」(『柳田国男―「産業組合」と「遠野物語」のあいだ』日本経済評論社2008)と書いている。こうなると、柳田国男の「産業組合論」を読んだついでに『遠野物語』を読むというよりは、『遠野物語』こそ「産業組合論」の本論ということになるわけで、ではそういうものとして読んでみようと思ったわけだが、なかなかそういうものとしては読めないのではあったが、それでもけっこう面白く読めた。斉藤隆至氏の言わんとするところを、以下メモしておく。

『遠野物語』は、「前代」農民の活き方を再評価しようとした著作です。再評価することによって、柳田は、「当代」の農民に向かって、協同組合のあるべき姿を問うたのでした。・・・柳田は、「当代」の社会は「貨幣経済」の社会であること、それは「資本」の社会であることを認識していました。
「貨幣経済」の社会は「生存競争」の社会です。「小産業者」は「生存競争」に敗れ、「貧」におちいりつつあります。とはいえ、「小産業者」の自助努力だけでは限界があります。
 「小産業者」が「生存競争」を生き抜くためには、「資本」を》ふやして「企業」化しなければなりません。そのためには、協同組合に結集する必要があります。その協同組合は、「法の精神」を満たす協同組合、人間的基礎の堅固な協同組合です。
 協同組合の人間的基礎を、柳田は、「前代」農民の活き方に求めました。近世村落における「郷党の結合心」や「郷党ノ懇親」は、彼にとって、西欧における「私人の結合協力」に対応する倫理でした。
 日々の生活のなかで、「前代」の村人は、「畏怖」や「不安」と向かいあって活きなければなりませんでした。それをやわらげるために、全員が力をあわせ、自分かちで神をまつってきました。神への信仰は「畏怖」や「不安」の表現にほかならないのです。
 柳田国男は、人間の「根源」にまでさかのぼって「前代」農民の宗教意識を解明しようとしました。その宗教意識を「当代」の村人たちに自己認識させ、そのことによって協同組合における人と人との結合原理を確立したいと考えたのです。(『柳田国男―「産業組合」と「遠野物語」のあいだ』p199-200)

柳田国男は1897年(明治30)に東京帝国大学に入学して農政学や産業組合を学び、1900年(明治33)に「三倉の研究」を卒論に書いて農商務省に入り、1910年(明治43)に『遠野物語』と『時代ト農政』を出すわけだが、1910年(明治43)は大逆事件のあった年で、柳田国男が産業組合を学び、それを日本に根付かせようとした時代とは、日本の社会主義運動野の黎明期から大逆事件までとまったく重なる。柳田国男は社会主義者ではないし、柳田国男の産業組合の取り組みをそういったものと見るつもりもないが、明治社会主義運動の一方にそういった柳田国男の営為があったということの評価とその意義は確認しておきたいし、それこそが日本の協同組合運動の見直しと再生にもつながるだろうと思うところである。

『海上の道』は1961年(昭和36)、柳田国男86歳の時に出版された本で、語りも内容も泰然自若としたものがある。1961年(昭和36)といえば私は小学6年生で、すでに物心がついている歳に、「文学界」に参加して藤村、花袋と交友した柳田国男がまだ健在でいたということに、私もその時代につながっていたかのような感動を覚える。『海上の道』の書き出しには、こんな文章がある。

途方もなく古し話だが、私は明治三十年の夏、まだ大学の二年生の休みに、三河の伊良湖崎の突端に一月余り遊んでいて、このいわゆるあゆの風の経験をしたことがある。・・・今でも明らかに記憶するのは、この小山の裾を東へまわって、東おもての小松原の外に、舟の出入りにはあまり使われない四五町ほどの砂浜が、東やや南に而して開けてしたが、そこには風のやや強かった次の朝などに、都子の実の流れ寄っていたのを、三度まで見たことがある。・・・どの辺の沖の小島から海に浮んだものかは今でも判らぬが、ともかくも温かな波路を越えて、まだ新らしい姿でこんな浜辺まで、渡ってきていることが私には大きな驚きであった。この話を東京に還ってきて、島崎藤村君にしたことが私にはよい記念である。今でも多くの若い人たちに愛誦せられている「柳子の実」の歌というのは、多分は同じ年のうちの製作であり、あれを貰いましたよと、自分でも言われたことがある。
   そを取りて胸に当つれば
   新たなり流離の愁ひ
という章句などは、もとより私の挙動でも感懐でもなかったうえに、海の日の沈むを見れば云々の句を見ても、或いは詩人は今すこし西の方の、寂しい磯ばたに持って行きたいと思われたのかもしれないが、ともかくもこの偶然の遭遇によって、些々たる私の見聞もまた不朽のものになった。

「私は明治三十年の夏、まだ大学の二年生の休みに、三河の伊良湖崎の突端に一月余り遊んで」というのは田山花袋と遊んだわけで、その前には二人で日光へも行っている。『海上の道』の頃には藤村はとうに亡くなり、相変わらず藤村の詩は趣味ではないけれど、柳田国男もこう書ける歳になっていたということでしょうか。ここまでくると、柳田国男と藤村、花袋の話は、柄谷行人の「日本の近代文学の終焉」で終わらすわけにはいかないと思うわけだが、さて宮沢賢治はどうするか、今年の夏はどう過ごそうかとか、あれこれと考えるわけである。

|

« 「文学と革命」における私小説の可能性 | トップページ | 土と文学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113260/63655560

この記事へのトラックバック一覧です: 『遠野物語』と『海上の道』:

« 「文学と革命」における私小説の可能性 | トップページ | 土と文学 »