« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月30日 (日)

哲学の欠如

140329coop むかし私が働いていた生協の最後の店舗が閉店になり、今日その店舗への「感謝の会」というのが開かれて、呼ばれて行ってきた。深川の東天紅で開かれたその会には、現職の役職員も含めて80人ほどが参加、けっこうにぎやかであった。最後の店を閉じたのは、その店は単独でも経営的には成り立つそうだが、経営資源を個別配達に集中するために店舗は止めるとのことであった。

私は、洗濯は粉石けん派で、ずっと生協の粉石けんばかり使いつづけてきて、店がなくなるのなら買い溜めしておこうと思ったのだが、先月から粉石けんは店に置かなくなり、置くように言ってもだめであった。「これから生協は反原発に力を入れます」とか言うわけだが、粉石けんひとつ置けないようでは、「反原発」もどうなることやらである。そんで、一言あいさつを求められたから、そんなことをしゃべったのであった。

私が入った頃は7億円くらいであった年商が、現在では700億円になったという。生協本体だけを見れば、正職員比率は3割程度と自慢げだが、子会社や関連会社や下請け会社さらにそれらの孫請け会社を入れれば、総体としての正職員比率はそのまた1割くらいではあるまいか。同じテーブルで生協の労組の委員長と隣り合わせになったから、「生協の労組員なんて、特権階級みたいなものだよ」と言ったら、彼もうなずいていたのであった。

だいたい生協どうしの競争などが、すでに時代遅れである。単独でも営業的に成り立つ店舗があるのなら、むかしの商店のようにそれはそれでやればいいと言うか、その方がいいのである。大きくなった事業をさらに拡大再生産をしようとすると、だいたいアベノミクス的罠に陥るだけで、最終的には非正規職員の労働にのっかって、そこから搾取するしかなくなる。資本主義を前提にしたそういう仕組みには先が無いことを自覚して、事業の定常化をすすめるしかなく、競合する生協も含めてそうするしかないと思うところ。

生活クラブ生協は、拡大や成長ばかりを追い求めずに、生協の分権化と雇用の協同化をすすめながらデポーと呼ばれる「店舗」を維持している。私のいた生協もそういうものとしての店舗を試みるべきだと思うところだが、そうはしないようである。前回のブログに引用したが、石見尚氏が「市場調整型の協同組合では単位組合で人的結合体としての民主主義を強化し、連合会で経済的効率性を実現するという補完関係を形成するというのが、せいいっぱいの限度であろう」(『協同組合新論』)と書かれているとおりであり、哲学の欠如と言うしかない。

上記の「哲学の欠如」をfacebookに載せたら、生協の連合会にいるNさんから「定常化を目指せっていうことは拡大や成長を目的にするなってことですよね。賛成します。生活クラブはそのような組織なのではないかと思います。パルはどこに行こうとしているのだろう」というコメントがあったので、以下を書くところ。

先月に石見尚氏から送られて来た「協同社会」№5には、「1980年代の生活クラブ神奈川における協同組合と労働組合」という文章があって、80年代初頭の生活クラブ生協が活写されている。1983年1月に生活クラブ生協は『社会運動の新しい波』(三一書房)という本を出版し、生活クラブ生協の理念とスタイルをマニュフェストし、この本の巻頭を石見尚氏が書いて、生産協同組合を軸にした第三世代の協同組合を提起した。生協で働いていた私には青天の霹靂のような本で、前のブログに書いたように、石見尚氏に私淑した私は石見尚氏に誘われて生活クラブ生協の集会や研究会に参加して、大いに学んだものであった。

私の手元に、1973年に日本社会党国民生活局発行の『生協運動情報』という冊子がある。執筆者には、日本生協連専務理事の勝部欣一氏、灘神戸生協専務理事の涌井安太郎氏、生活クラブ生協理事長の岩根邦雄氏らがいる。私のいた生協の理事長であった下山保氏は当時も生協の理事長をやりながら社会党の活動もやっていたから、この社会党内委員会のメンバーではあったのだろうが、ここには書いてはいない。下山保氏は、後にパルシステムとなる生協グループの創始者であって、70年代初頭の日本社会党内には、生活クラブ系とパルシステム系の二つの流れがあったわけであるが、この両者は日本社会党内の派閥系列の関係があって、当時からあまり仲は良くなかった。

当時の日本社会党は二本社会党と言われて、左派と右派の派閥抗争が戦後ずっとつづいており、さらに左派はソ連派の社会主義協会派と中国派の社会主義研究会に分かれていて抗争していた。右派は江田三郎氏を中心とした構造改革派で、生活クラブ生協を始めた人たちは東急電鉄の労組を中心にしたこの流れの人たちが多かった。そして、70年代前半はまだ左派が主流であった時代であったから、左派の社会主義協会派と社会主義研究会はいっしょになって右派の構造改革派をいじめて、社会党から追い出してしまったのであった。

すると今度は左派どうしがいがみあって、60年安保の残党であった下山保氏は社会党内反戦パージにあって社会党を追い出されてしまい、食うに困ったこの人たちは地域で生協づくりを始めたのであった。これがパルシステムのルーツである。しかし、生協となるとひと足早く社会党を追い出された構造改革系の生活クラブ生協が先輩格で、彼等を社会党から追い出した社会主義研究会系の人たちは、その後塵を拝することになった。そして、私も70年代のある日からここに職を得たのである。

日本の生協は共産党系が主流で多数派で、それ以外の小生協はいつつぶれるかという状況にあったわけだが、80年代半ばのある日、下山さんが「我々も生協研究会をつくろう」と言い出してコープ研究会が始まり、私はその事務局をやることになった。この研究会は、主に当時日本社会党の路線の見直しをすすめていた宇野派系の学者を招いて行ったわけだが、例外的に石見尚氏にも話をうかがい、1989年に「転換期の協同組合」というまとめをしたのだが、90年代に入ってそれまでの共同購入に代わって戸別配達を始めるとこれが大当たりして、後にパルシステムとなるグループはあまり協同組合理論に執着することはなかったのだった。

そして2000年に私は生協を辞めたわけだが、その後も下山さんの主宰する研究会はお手伝いしていて、ある時また下山さんから「新しい生協理論を考えろ」と言われて、それから10年、ほとんど趣味であれこれ考えてきたところであった。その経過は、ほとんどこのブログに書いてきたわけで、もう結論をまとめなくてはいけないところまで来ている。

あらためて『社会運動の新しい波』を読むと、石見尚氏は1876年にカナダのバンクーバーで開かれた会議に集積した折にシュマッハーの『スモール・イズ・ビュティフル』を知り、それを読んで感動したという。1966年の土地所有の経済法則』(未来社)を経て、石見尚氏が生産協同組合を主軸にした『協同組合新論』を書くのは1977年であり、1980年にはレイドロウの『西暦2000年の協同組合』が出て、生産協同組合を主軸にした協同組合地域社会が提起された。『西暦2000年の協同組合』は、ホリヨークの『ロッチデールの先駆者たち』(1957~)以来となる時代を画する協同組合論であるわけだが、石見尚氏の『協同組合新論』はそれに通底するものがあり、それらを背景にして生活クラブ生協の『社会運動の新しい波』もあったわけである。

しかし、80年代はバブル経済とグローバリゼーションのすすんだ時代であり、90年代にはいると生協は共同購入に代わる個別配達で拡大して、パルシステムは規模の上では生活クラブ生協を大きく上回ったのであった。そして、スポークスマン的には「反原発」から「反貧困」までが語られるのではあるが、産業社会的成長を前提とした消費組合型の生協では、運動はカンパニア型の大衆運動にしかならない。所謂企業メセナと同様で、景気が悪くなればどうなることやらであり、基本的には拡大志向の事業から、成長なしでも成り立つ定常化事業へ転換させるしかなく、そのこと自体が運動にならなければだめだと思うところである。

そして、そのスタイルが生活クラブ生協型のスタイルになるのか、もう少しちがったものになるのか、私は石見尚氏の協同組合理論と宇野理論の対比の中で考えてみようと思うわけである。それは前に書いた「NATIONAL MEANSと南無阿弥陀仏」を解く鍵であり、かつての二本社会党内での左派右派抗争の整理であり、私自身の人生の整理にもつながるからである。

この10年間に考えてきたことからすれば、私の論拠は80年代にやったコープ研究会を引き継ぐもので、ベースは宇野理論、とりわけ「恐慌論」と「労働力商品論」である。「恐慌論」が示すものは万年恐慌(バブル)的な非定常的資本主義の姿であり、「労働力商品論」が示すものは労働力商品論を止揚して定常化社会を実現することなしには万年恐慌(バブル)的な非定常的資本主義から逃れ得ないということである。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

NATIONAL MEANSと南無阿弥陀仏

石見尚氏から「協同社会」№5が送られて来て、その中の「協同社会一般の文章に目をとおして下さい」と書き添えがあった。20年くらい前まで、私は石見尚氏から協同組合を学んでいて、その後意見を異にして別れてしまった経緯があるわけだが、昨年来石見尚氏から「協同社会」が送られて来て、その後、私は石見尚氏と若干のやりとりをしている。

私が石見尚氏と意見を異にするようになったのは、石見尚氏は福本和夫直系のマルクス主義者で、私は宇野派系労農派だから、後から考えればもっともなことであったわけだが、さらに考えれば、同じ問題意識を別な観点からアプローチしていると言えなくもない。もっとも同じ問題意識としての労働者生産協同組合について、それを私は石見尚氏から学んだわけで、私の問題意識の元はそこにあるわけだから、私は決して石見尚氏と同じだなどと言える立場にあるわけではない。

さらに、石見協同組合論の要諦を成す労働者生産協同組合の成立の契機に、宇野理論がからんでいたとなると、石見尚氏の労働者生産協同組合も、宇野弘蔵と福本和夫が留学帰りにたまたま一緒に船に乗り合わせた船の船上で行った会話にあったわけで、石見尚氏と私の意見の行き違いのルーツもさかのぼればそこにあると、私は勝手に思い込んでいるわけである。

石見尚氏と私の意見のちがいというのは、私からすると以下の3点があった。ひとつは市場の評価で、私は非市場型社会をめざすにしても市場は否定するのではなくて、アメリカ型のNPOのように非営利活動には市場機能を生かすべきだということと、非営利団体の幅は協同組合よりも広くて協同組合もそのひとつであるということと、市場機能を生かすという点では株式会社は協同組合に優っているということであった。
ふたつめには、資本主義のおさえ方として、石見尚氏の『新協同組合論』(家の光)を再読して、やはり石見氏は生産力と生産関係の矛盾としての資本主義という所有論的アプローチから私的所有を協同組合的所有、とりわけ生産協同組合をベースにした社会主義を構想されているということで、私としては資本主義の矛盾は生産力と生産関係の矛盾ではなくて労働力の商品化の矛盾としてとらえて、そこから生産協同組合を考えてみようと思ったことであり、社会主義のベースになるのは協同組合だけではなくて、アメリカ型NPOも含めた多様な非営利企業によるものだと思ったことである。
そしてもうひとつ、これは違和感みたいなものであったわけだが、生産協同組合のすすめ方に、まず全国連合会みたいなところがあったことであろうか。これは生産協同組合の法制化をすすめるにあたって、全日自労系の労働者協同組合と生活クラブ系のワーカーズ・コレクティブの連合会を軸にすすめる経過からそうなのかもしれなかったが、全国連合会志向には違和感があったのだった。これはつきつめれば、国家観、国家論のちがいかもしれないが。

以前ブログ(「宇野弘蔵と福本和夫」3013・6)に書いたが、1970年代の半ばから生活協同組合で働き出した私は、70年代の後半のある日、「日本ルネッサンス研究所」に石見尚氏を訪ねた。当時、私は下町の小さな地域生協で働きながらSP(社会党)の活動をやり、地域の労働運動にも顔を出していた。その頃、下町の労働運動では倒産した企業の自主生産闘争が盛んであって、そこでは生産協同組合が語られていた。そして石見尚氏は、その数少ないと言うか唯一の理論家であったからである。1977年に出版された石見尚氏の『協同組合新論』(家の光協会)には、以下のようにあった。

「協同組合は事業の効率性から見れば大規模がよく、組合員の参加のしやすさの観点にたてば小規模が優れるのである。社会的市場経済に対応して、協同組合の機能が国民経済的範囲をカバーすることを求められてくると、効率性と民主制との自家撞着が表面化してくるのである。・・本書の研究の主題である分権化された生産協同組合を基本とする協同組合的生産様式に発展しないかぎり、最終的には解決しないであろうと思うが、いかがであろうか。市場調整型の協同組合では単位組合で人的結合体としての民主主義を強化し、連合会で経済的効率性を実現するという補完関係を形成するというのが、せいいっぱいの限度であろう」と。

そして、これを読んだ私は「福本イズム」ならぬ石見理論にストンと落ち、石見氏は生協プロパーではないのに、如何にしてこういう認識を持ちえたのかを知りたかったわけである。1980年代の生協は、一県一生協方針を掲げる主流派生協による全国展開と、ワーカーズ・コレクティブを提起する生活クラブ生協のオルタナティブな活動が中心で、石見尚氏は生活クラブ生協のイデオローグのような立場にあって、集会や研究会ではとっちゃんぼーやみたいな顔をしてニコニコしていたものであった。

しかし、今回送られて来た「協同社会」№5には、1970年代の石見氏の状況について、以下のように書かれている。

「実際、スターリンとスターリン主義者の後継者たちが権勢を誇っていた1970年代に、私はこのような間違った「社会主義体制」に疑問を持ち批判的見解を述べてきた。その論拠は一般の自由主義からの批判からではなく、マルクス自身の理論から述べたものである(拙著『土地所有の経済法則』1966参照)。その後、この研究を具体的に表明した拙著『協同組合新論』1977)は、スターリン的社会主義を信奉していたあるグループの圧力で、出版社が絶版にしてしまった。私はいままでこのことを口外しなかったが、今日そ事実をあきらかにしておこう。私は研究者として、ソ違式「社会主義」の誤謬を、ソ違崩壊以前に理論的に論証し、意見を変えなかったことを、「それでも地球が動く」といったガリレオのような心境で思い出している」と。

実際、当時の石見尚氏は、主流派からは「既に失敗した過去のものである決着済みの生産協同組合を再びかかげる」と批判される異端の協同組合研究者であったわけだが、上記を読むと、その後生産協同組合が見直されてきた後も、主流派とはあいかわらずの関係であることが感じられる。かつて私のいた生協群もけっこう大きくなって、生協業界も変わってきたのかなと思わないでもないが、基本的なところではあまり変わっていないというのが感想である。そこで、「私はいままでこのことを口外しなかったが、今日そ事実をあきらかにしておこう」と書かれた石見尚氏の心境と年齢を思えば、私はもういちど石見尚氏の論を検討してみようと思うところで、そのことはまた、これまで書いてきた労農派論と宇野弘蔵の労働力商品論にもつながるかと思うからでもある。

例えば、「協同社会」№5の中で「協同社会一般の文章に目をとおして下さい」と書き添えがあった文章で、読んでみて気になったのは「マルクスの『資本論』と国家論の関係」という文章で、とりわけ以下の部分である。
※文章の全体は、石見尚氏が主宰する「協同社会研究会」の以下のHPにも載っているので参照ください。http://www.k3.dion.ne.jp/~neem/newpage40.html

「まえに「国際労働者アソシエーション創立宣言」の組織論について、私はマルクスの説明の不十分なことに触れておいた。マルクスは労働者の協同工場は個々には社会主義の主体にはなり得ない、社会が全体として計画的な協同組合生産様式になり、協同工場はその支所的な要素になることにおいて、社会主義は成立するというのが彼の真意である。つまりミクロはただ集まっても全体にはならない。量から質への転化が必要なのである。そして転化には契機が必要である。その契機とは何か。マルクスはかの「国際労働者アソシエーション創立宣言」でNATIONAL MEANSという謎のことばを残したが、その具体策は示さかかった。マルクスの提言の空白というか灰色の部分が、レーニンの歪曲と誤謬を許したということができる。・・・他方、近代経済学はミクロとマクロの概念を区別するが、統一には成功していない。形式論理では統一できるはずがない。まさに両者の弁証法的統一が必要なのである。その具体的中身こそが問題である。個から全体への転化による同一性、量から質への転化は、内発的な契機でなければならない。その契機は協同組合的生産様式の場合、生産的労働と消費的労働の相互転換の可能な社会システムにあると私は考えている」。

この間、仙台ヒデさんと分担して「労農派論」を書いてきて、そろそろ〆なくてはいけないのだが、最後の山の「労働力商品の掲棄」でてこずっている。仙台ヒデさんによれば、宇野弘蔵はそれは「南無阿弥陀仏だ」と語ったそうであるが、それがどういうことなのかを考え中なのである。そこで、宇野弘蔵と福本和夫が留学帰りの船上で行った会話のもう一方の流れである石見尚氏の直近の思考に学んでみようと思ったところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »