« コモンへの道 | トップページ | ほとんど「原発は安全です」のレベル »

2013年4月17日 (水)

生活の柄の再構築

Photo_2歩き疲れては 夜空と陸との隙間にもぐり込んで
草に埋れては寝たのです
所かまわず寝たのです
歩き 疲れては 草に埋れて寝たのです
歩き疲れ 寝たのですが 眠れないのです
http://www.youtube.com/watch?v=XcUhACXKx7g

という高田渡の名曲があるけど、私の場合は歩き疲れないから眠れ~ないのです。昼と夜がズレたままで、夕方に起きて夕食後にお散歩をしてきたところ。働かない生活というのは、自分で律しないと生活がゆるくなり過ぎてしまう。そこで働かなくても、非稼ぎの仕事はしようと、あれこれと思うところ。

昨日、湯浅誠氏から「メールマガジン『湯浅誠からのお知らせ』へと登録させていただきました。このメルマガは、湯浅が名刺を交換させていただいた方々へ送らせていただいているものです」というメールがあった。昨秋に「反貧困」の集会で名刺交換したからであろうか、これからは「99%の貧困」化がすすむ時代だから、応援したいところ。反アベノミクス!である。

それから「未来の党」からも、4月24日の「政策フォーラム」の案内があったから、これにも行く予定。ここでは「卒原発」と「共生型社会(反貧困)」と「地方分権(コミュニティの構築)」と「平和構築(アジアとの連帯)」をすすめたいところ。
http://www.nippon-mirai.jp/news/index.php?Kiji_Detail&kijiId=14
「未来の党」がいいのは、小沢系が出て行ったおかげで、議員は阿部知子ひとりという「党」であって「党」でないところ。この可能性はおもしろい。阿部知子を応援しよう!

それから、来週末には作並にある仙台ヒデさんの「賢治とモリスの館」に行く。仙台ヒデさんはここをベースに、宮沢賢治の「羅須地人協会」の再生と東北の復興、W.モリス型のコミュニティ社会主義をめざして、「仙台・羅須地人協会」を立ち上げたところ。
http://homepage2.nifty.com/sakunami/
ここは実践の場であり、理論センターでもある。mizu-pさんと彼の中古の軽自動車で行って、1泊2食つきで6500円の安温泉宿に泊まり、研究会をやってくる予定。

安眠するには、やはり日中に適度に身体を使うのがいいのだろう。そこで、働いていなくてもと言うか、この歳になったからこそやれるようなことを、あれこれとやろうと思うところ。まあ、老後の生活の柄の再構築であろうか。

|

« コモンへの道 | トップページ | ほとんど「原発は安全です」のレベル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113260/57189727

この記事へのトラックバック一覧です: 生活の柄の再構築:

« コモンへの道 | トップページ | ほとんど「原発は安全です」のレベル »