« 利子率革命とアベノミクス | トップページ | 枯れ木も山の賑わい »

2013年3月31日 (日)

コモンウェルス

 今日で3月も終わり。早かったね。それまでの長い寒さが嘘のように、あっと言う間に桜が満開になった。しかし、今日は花冷え。昨日まで4日連続で外出したから、今日はどこにも出かけずにいて本を読んだ。

先日、出20130331かけたついでに買ってきたアントニオ・ネグロ&マイケル・ハートの『コモンウェルス上』(NHKブックス)の上巻を読んだ。ネグリとハートは、6年前に『帝国』を読み、それは、レーニンの『帝国主義』が帝国主義の時代を絵解きした如くに、グローバリゼーションの時代とマルチチュードの現出を絵解きしていて、その後に出た『マルチチュード』(NHKブックス)も読んだから、謂わばそのつづきを読んだ訳である。

 ネグリとハートはスピノザ的読み変えをベースにしながらも、やはりマルクスであろうか。やはり、ヴェラ・ザスーリチ宛ての手紙から「もし革命が適時に起こり、農村共同体が自由に飛躍できるよう革命が全力を集中するならば、ほどなくして農村共同体はロシア社会を再生させる要素として、また資本主義制度によって隷属させられている国々に優越する要素として発展するであろう」を引用し、「この反近代性の諸力の肯定」を「マルクスの抱える健全な矛盾」だとし、さらに「マルクスが直感しつつも明確に述べていない重要な要素がある。それは、反近代の革命的形態が〈共(コモン)〉にしっかりと埋め込まれているということだ」(p151)とする。

 〈共(コモン)〉の再評価ということであれば、別に目新しい見解ではないのだが、ネグリとハートは「階級闘争は脱出(エクソダス)の形をとる」として、以下のように展開する。
 「ここで脱出というのは・・労働力の潜勢的な自律性を実現することによって、資本との関係から身を引き離すことを意味する。したがって脱出とは、生政治的労働力の生産性を拒否することではなく、資本がその生産能力にかける束縛、増大しつつあるその束縛を拒否することだ,
 そこで、この階級闘争の形態を逃亡奴隷になぞらえてみたい。ブラジルの奴隷たちが集団で自由を奪う鎖を断ち切り、キロンボと呼ばれる逃亡奴隷の自治共同体を形成したように、資本との関係から身を引き離した生政治的労働力は、新たな社会的関係-その生産的なカ能を実現できる新たな生の形態-を見出し、構築しなければならない。だが逃亡奴隷の場合とは違い、この脱出は必ずしも別の場所に行くことを意味しない。私たちは今いるこの場にとどまりながら、私たちがそのもとで生きている生産関係と社会的組織化の様式を変革することによって、逃走線を追い求めることができるのだ。・・階級闘争には、資本との関係および資本主義的生産関係からの脱出もまた必要なのだ。・・・脱出は〈共〉を基盤にしたとき、初めて可能になる。言いかえれば、〈共〉へのアクセスと、〈共〉を活用する能力をともに有することによってのみ、脱出は可能になるのだ」(p244-245)と。

 この文脈を私的に読みなおせば、「脱労働力商品化の過程は、コミュニティの形成と一体である」ということである。私の言う「コミュニティ」=(共)である訳だが、ネグリとハートはそのベースは「家族、企業、ネーション〔=国民/民族〕」にあるとしながらも、それらは近代化の中では「一体化」して「腐敗」しているとしながらも、以下のように書く。
 「家族、企業、ネーション〔=国民/民族〕の三つの制度は、たとえ腐敗した形であっても、〈共〉への関与を通じて〈共〉を動員することによりマルチチュードの脱出にとって重要な資源を提供するということを忘れてはならない。・・・マルチチュードは家族、企業、そしてネーションから脱出しなければならないと同時に、それら三つが動員する〈共〉の約束を足場にして、〈共〉を築きなおさなければならない。生政治的生産の文脈で〈共〉へのアクセスをオープンにし、拡大することは、生産と再生産の管理を掌握することを意味する。それは資本から身を引き離し、マルチチュードの自律性を構築するプロセスの基盤となるものであり、この脱出のプロジェクトこそが今日の階級闘争のとる主要な形態であることを、私たちは肝に銘じなければならない」(p261)と。

 ネグリとハートはいっぱい勉強したせいか、前著に同様衒学的著述も多いが、上巻は一挙に読めた。そして、上巻の最後のキイワードは「愛」である。「同一性」と「統一性」によって腐敗した愛に対して、「愛において肝心なものは、主体性の生産と特異性同士の出会いであり、それが新たな組み合わせを作り上げ、新しい〈共〉の形態を構成するのである」(p297)とする。
 「主体性の生産と特異性同士の出会い」については、「ウォルト・ホイットマンの詩を思い浮かべていただきたい」とあるから、ネグリとハートの言う「愛」が、ジョン・レノンの言う「ラブ&ピース」とどこが違うのかと思うところでもあった。

|

« 利子率革命とアベノミクス | トップページ | 枯れ木も山の賑わい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コモンウェルス:

« 利子率革命とアベノミクス | トップページ | 枯れ木も山の賑わい »