« 戦後の労農派 | トップページ | 次はいつ会えるかな »

2012年8月15日 (水)

共同体社会主義ノート

120813 大内力篇『現代社会主義の可能性』は、1974年夏に行われたシンポジウムの記録で、宇野派らしく労働力商品の否定としての社会主義を構想する訳だが、大内力はマルクスが理想とした社会主義像を以下のようではなかったかと提起する。

「マルクスの社会主義像というのは、その出発点がいまの企業内分業というイメージにあるためか、どうも比較的小さい社会単位で、そこで人間がひとつの生産目標に向ってお互いに分業をしながらも、意識的に協力するようなゲマインヴェーゼンといったものになりがちだと思うのです。・・・むろん一面ではそれがなお生産力の低い段階に対応していることは認めながらも、むしろ力点は、後世になって私有財産制度ができ、階級的な関係がその中に含まれたためにそれらがゆがめられたのであって、そうなる以前の共同体社会は、かなり理想的な社会だという考え方がある。そしてかれの社会主義論というのは、いつもそこに回帰してゆくような習性をもっているのじゃないかという疑いをもっているんです。社会主義社会のスケールの問題はさっきのご報告にもあったが、マルクスのばあいはどうも直接民主主義みたいな小さい単位社会がイメージされがちなんじゃないかな」(p17)。

「マルクスの資本主義論の前提には・・共同的生産というか、共同体的社会というか、そういうものは人間の一般的本性にもとづいている。つまり人間はそもそも生産において共同をして、かれ自身他人のために労働し、他人の労働によって生活をするという関係をもたざるをえないし、またそうすることに努力する本性をもっている。むろん資本主義社会も、結果においてはこういう労働の交換をやっているのだけれども、それを商品経済的に編成してしまっている。そこに人間疎外の問題の生ずる根源がある、というのですね・・・アダム・スミスは人間はほんらい個人主義的で、その本性からいって商品交換をする必然性をもっていると考えている。マルクスはそれをひっくり返しにして、商品交換というのは特殊歴史的なものであり、否定されるべきものであって、それが否定されると人間がお互いに共同して一緒に合理的に生産の場に協力する体制ができる。それこそが人間の本性だ、というわけです。・・それとならんで、かれの社会主義論は、いきなり私有財産否定と結びつけられている。だから・・実際の管理の問題というところまでは考えていないで、生産手段が私有されているか否かということが決定的なことにされている。そしてその私有財産制度さえ否定されれば、商品経済もなくなるし、管理の編成の問題もなくなるし、専門家と一般労働者との区別もなくなる、そして一種の共同社会ができるということになっている。私有財産というものの魔法を解けば、何もかも悪いものはいっぺんに酒えてしまうというようなイメージがかなり残っているんじゃないかという感じがします」(p18)と。

そして、馬場宏二も以下のようにフォローしている。

「マルクスのばあい、途中までは東洋が実際には射程に入ってないのじゃないですか。それこそ唯物史観で、どの地域でも、生産力のいちばん高い資本主義の発達した西ヨーロッパ型の社会にだんだん近づくと思っている。それがやっているうちに、話がそればかりでもなさそうだということになって視野が拡がったといってもいいが、むしろ屈折するわけですね。その屈折のさいごが「ザスーリチ宛の手紙」になるわけですが、・・・非常に共同体主義的な感じのする社会形態論ですね。そこには先生がいわれたように、もともとかれのもっていた社会主義の魂が残ったのじゃないかと思う」(p27)と。

そして、次に協同組織のイメージについて、以下のような議論が展開される。

(田中学)「イギリスですと、協同組合主義みたいな考え方とか、実験とかいうのは、わりあい早くからありますね。たとえばロバート・オーエンなんかが協同組合論をやるわけですね。ああいう考え方や実験みたいなものが多少マルクスの社会主義論に影響を与えているとみていいですか」。
(日高晋)「だと思いますね。協同組合について-『ゴータ綱領批判』だったかな・・・社会主義になると、資本主義の中にあった自立的な協同組合が拡大していって、全社会をおおうといった感じじゃないですか」。
(大内力)「ただ、それについてあえて問題を出すならば、極端なことをいって、全世界が一つの協同組合になってしまえばいいのかもしれないけれども、地域的なり国民経済的なりに協同組合みたいなものができたばあい、その組合と組合の間の関係はどういうことになるのかな。なんとなく商品経済的になって、また商品が「世界のすきま」にのこるような気がする」。
(中山弘正)「そういう協同組合主義のようなことをいうとき、マルクスたちが考えていたのは、いわゆる「原論」の背景となる一国資本主義的な規模の裏返し、といったものでしょうね」。
(大内力)「ぼくはもっとローカルなものを考えていたような感じがする。具体的なイメージとしては・・アイルランドのララハインの話です。・・ともかくあれはいまの日本にも部分的にあるような、農業の共同経営みたいなものですね。最近の農林省式の言葉でいえば、全面協業だが、それが社会主義的な農業の模範のように考えられている」。
(日高晋)「そういう協同組合が拡がると考えたのじゃないですかね。拡大すれば社会主義になるという、限定づきで考えたのではないでしょうか」。
(大内力)「しかし、抽象的に考えたって、なにか計画を立ててそこで人々が共同で働くというばあい、しかもそこに直接民主制が貫かれるという形で考えるとしたら、とうぜんその社会の規模は限られてしまうでしょう。おそらく、最大限を考えたって組合員が数百とか干とかいう数で、万となったらとても直接民主制じゃゆきようがない。そうなると、だんだん代表民主制みたいなものにならざるをえないですね」(p22~23)と。

このシンポジウムが行われた頃に、私は生協で働き始めた。当時は、都内最大の生協であった都民生協の組合員数は2~3万人であって、私のいた江東区のたつみ生協の合員数は30千~4千人程度であった。今では都民生協もたつみ生協も、県域を越えた連合会組織になって、それぞれの組合員数はとうに100万人を超えている。

前回にも書いたが、最後まで空想的社会主義者であった私は、12年前に生協を辞めてしまったのであるが、生協とはちがう共同体、コミュニティのイメージについて、大内力の言う「ローカルなもの」「直接民主制が貫かれるという形で考えるとしたら・・最大限を考えたって組合員が数百とか干とかいう数」は示唆に富む。

以上の大内力のマルクスの社会主義像は、初期マルクスに拠っている訳だが、その『ドイツ・イデオロギー』におけるエンゲルスによる唯物史観の展開の脇に書かれているという以下のマルクスのメモは、昔から今まで私の理想とする共同体、コミュニティの原像なのである。

「これにたいして共産主義社会では、各人はそれだけに固定されたどんな活動範囲をももたず、どこでもすきな部門で、自分の腕をみがくことができるのであって、社会が生産全般を統制しているのである。だからこそ、私はしたいと思うままに、今日はこれ、明日はあれをし、朝に狩猟を、昼に魚取りを、夕べに家畜の世話をし、夕食後に批判をすることが可能になり、しかも、けっして猟師、漁夫、牧夫、批判家にならなくてよいのである」(花崎皋平訳『新版ドイツ・イデオロギー』p68)

|

« 戦後の労農派 | トップページ | 次はいつ会えるかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共同体社会主義ノート:

« 戦後の労農派 | トップページ | 次はいつ会えるかな »