« 2011年総集編②プルードンにならって | トップページ | 旧校 »

2011年12月26日 (月)

011年総集編③自由・共感・自治

今年は、前回、前々回に書いてきたように本を読んできた訳だが、併せて何をしてきたかというと、脱原発をテーマにしたイベントを何回かやった。きっかけは、アメリカでは保守派による「ティーパーティー」と称するムーブメントが広がっているというので、原発の破産した日本では「脱原発ビアパーティー」を広げようと思った訳である。

111028_1_5 メインは、毎年やっている市原康TRIO’のライブに小出裕章氏を招いて、二人の母校でパーティーをやろうという思いつきであって、5月から10月28日の当日まで、これに全力を上げて、おかげさまで小出ファンや同窓生など200名以上の参加者があって、大成功であった。

110604_2 ほかに6月と9月に、横浜と新大久保で30名規模のミニライブをやった。6月の横浜は、ドクター・セブンさんのオフィスのレインボーで、いわき市で孤軍奮闘するもりりゅうさんの現地報告をメインにトークライブをやったのだが、参加者はヒッピー系がメインであったから、あれこれと音など入って、延々と翌日までつづいたのであった。

110809_3 9月の新大久保は、ケニアで獣医をやっているダクタリさんこと神戸俊平さんが日本に帰って来ていて、福島の動物調査をやっていたから、その報告と神戸俊平さんのアフリカ仕込みのカリンバとアルトサックスの演奏などをやった。参加者の多くは神戸俊平さんの活動を応援する人たちで、これもいい交歓が出来たのであった。

11_4 私の企画ではなくて、こちらが参加させていただいたイベントとしは、7月に富士山麓で行われたヒッピー・キャンプの忍野デッドと、9月に白州で行われたフーテン・キャンプのEGPP。これらにはテントとシェラフを積んで、バイクで行った。バイクでは、5月に仙台にも行ったのだったが、ボランティアなどせずに酒ばかり飲んでしまったのが、大いなる反省点である。また9月には、脱原発ということで久しぶりにデモなどした。また、今年はウクレレなど弾き始めたので、フーゲツのJUNさんのオープンマイク・イベントのEGPPに5回参加して、聴かされる人の迷惑など省みずに、ウクレレを弾いて歌を歌ってきた。

これらの参加関係は、私が会社勤めを辞めてから出会い、広がった人間関係が多く、それは何かやる度にさらに広がって行く。mixiなどのSNSでも出会いがあり、コミュニティをつくれるが、それらはヴァーチャルであり、顔が見えない。そこで、まあ「脱原発ビアパーティー」なのである。ご参加いただいたみなさんには、ここであらためてお礼をいたします。

それから、これらの参加者は反原発で、芸術や音楽が好きで、好人物が多いけど、大企業の正社員とか高収入であるとかの人はほとんどいない。どちらかと言うと非正規で低収入で、芸術家肌で、その関係の本業はあるのだけれども、それだけでは食えなくて、あれこれバイトなどしている人が多いのである。

実際は、みな仕事や将来のことに不安を持っていたりするのでもあろうが、「例え低収入であろうと、自由に生きることは何ものにも代え難い」というそれらの生き方は、少数のハミダシ者のスタイルというよりは、前回書いた「商品化されない働き方と生き方、それに交換システム」につながるように思われるのであり、私自身の生き方も含めて、来年も「脱原発ビアパーティー」しながらフィールドワークしてみようと思うところである。

フランス革命の標語は「自由・平等・友愛」であったけど、脱原発ビアパーティー」のそれは「自由・共感・自治」である。「自治」というのは「コミュニティ」のことだが、その原初の形態は「インディペントな働き方」をイメージするところである。例え低収入でも、それによって生活が回り、労働力商品化されない生き方が出来るようになることが「新しい社会」の第一歩であり、そういうものとしての「コミュニティ」づくりが「自治」なのである。

1930年代の大恐慌を背景にして、賀川豊彦は「今日の貧困は物の欠乏によるのではなく、豊富さから生じている」と言う。それから80年、日本は豊かになり過ぎたのに、全く同じ状況が生じている。これをなくすには、その間にやったように戦争をやってもダメだし、金をばらまいてもダメである。どちらかと言えば、国内で世代間格差をなくすことと併せて、地球規模では国家間格差をなくすようした方がよい。世界的にみれば、日本の貧乏人は豊かなのである。さあ、もうすぐ新しい年だ。この80年間とは別な道を行こう。

|

« 2011年総集編②プルードンにならって | トップページ | 旧校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 011年総集編③自由・共感・自治:

« 2011年総集編②プルードンにならって | トップページ | 旧校 »