« 堺利彦の土着社会主義 | トップページ | 平民社と堺利彦の夢 »

2010年10月23日 (土)

閑話休題「パンとペン」

1023_3 8月27日に書いたブログに、 安本次郎さんという方からコメントをいただき、そこにノンフィクション作家黒岩比佐子著『パンとペン~堺利彦と「売文社」の闘い~』が講談社より刊行予定とあって、ネットで検索すると既に発売になっていたので、さっそく八重洲ブックセンターに買いに行ってきました。

大逆事件後の冬の時代を、堺利彦は売文社を立ち上げて昔取った杵柄の文筆業(ペン)でしのぐわけですが、堺利彦がすごいのはそれで自らが食うというよりも、売文社という会社組織にして今日でいう編集プロダクション的な事業を手広くやって、山川均ほか多数の仲間を食わせ、拠り所にし、次の時代につなげたことです。

私もこの秋は堺利彦を読み直しているところですが、黒岩比佐子氏は2005年の春頃に売文社に興味をもった後、一気呵成にこの本をまとめあげており、資料の考証もすごいもので、関川夏央氏の著作などにも驚かされますが、プロの仕事には感心しきりです。

2005年というと、私がブログを書き始めた年で、大内先生の『恐慌論の形成』が出て、それを読んで私は「恐慌論の形成とコニュニティの形成」というブログを書き、それが現在の「脱労働力商品論と労農派」にいたっている訳ですが、私の場合はいっこうにまとまる気配がありません。

この『パンとペン~堺利彦と「売文社」の闘い~』という書名の由来は、堺利彦の「ペンを以てパンを求むるは僕等の営業である。・・ペンとパンは実に適切なる僕等の生活のシンボルである」(「ペンとパン」1914)からきているようです。10年前の春に会社勤めを辞めた私は、さてこれからどう暮したものかと、「ダルマ舎」を立ち上げて本づくりの真似事などしてきましたが、パンに追われて下請けのDTP仕事をするるばかりで、現在にいたっても一向にペンは進まないのであります。

それでも、時々このブログを覗いてくださる奇特なみなさんへの感謝を込めて、以上閑話休題するところです。

|

« 堺利彦の土着社会主義 | トップページ | 平民社と堺利彦の夢 »

コメント

堺利彦先生生誕140年/大逆事件・売文社創設100年記念講演会
開催要項
1 主 催  堺利彦・葉山嘉樹・鶴田知也の三人の偉業を顕彰する会

2 後 援  みやこ町・みやこ町教育委員会・講談社・平民社資料センター・大逆事件の真実をあきらかにする会

3 日 時  2010年11月3日(祝)14時より16時まで

4 会 場  みやこ町豊津公民館大ホール
福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地

5 内 容 

(1)開会
 ○堺利彦・葉山嘉樹・鶴田知也の三人の偉業を顕彰する会長 井上 幸春
 ○平民社資料センター代表               堀切 利高

(2)スピーチ
 ○講談社学芸図書出版部        中村 勝行
 
(3)報告
○白百合女子大学講師(日本社会文学会理事)  岡野 幸江
○法政大学講師(日本社会文学会理事・初期社会主義研究会編集委員)
   大和田 茂
○みやこ町歴史民俗博物館学芸員    川本 英紀

(4)閉会

※ 当初予定の講師黒岩比佐子氏が体調不良のため、以上のように変更しました。

投稿: 安本次郎 | 2010年10月27日 (水) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閑話休題「パンとペン」:

« 堺利彦の土着社会主義 | トップページ | 平民社と堺利彦の夢 »