« 「新しいコミュニティ論」へ | トップページ | 還暦の終わりの仕切り直し »

2010年3月20日 (土)

やれやれ

今日の夕刊とネットのニュースに「東京・埼玉・千葉の大手3生協、合併を検討」の記事があった。生協のことがニュースになるのは珍しく、私も久しぶりに昔いた業界の現状を知ったところである。
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/yomiuri-20100320-00480/1.htm 

ニュースによれば、「3生協の組合員数は合わせて約255万人、総事業高は約3600億円で、合併が実現すれば、国内最大の生協となる」ということで、「消費不況でスーパーなどとの競争が激しくなっており、規模の拡大による経営基盤の強化を図るのが狙いだ」ということだそうである。

3生協の中心の「コープとうきょう」は、70年代前半は未だ2~3万人位の組合員数であった。そして、私のいた下町の生協は4~5千人位の組合員数であったが、最近では120万人規模にまでなっているという。この30年間、どの生協もひたすら規模の拡大をめざしてやってきた訳であるが、100万人の組織になっても、まだ経営基盤が安定しないのだとしたら、一体どこまで拡大させれば安定するのだろうか。

生協は、経営的には「出資配当」や「利用割戻」といった「原則」をもって運営されているが、この配当や割戻の原資はどこから生じるのかと言うと、事業の拡大再生産である。現状の生協、いわゆるロッチデール型の生協というのは、「出資配当」や「利用割戻」といった功利主義的な運営によって、産業社会の拡大とともに拡大してきた訳であるが、いみじくも先日参加した生協主宰のシンポジウムで、パネラーの一人が「利子を生むのは拡大再生産であるが、金が利子を生むのは未来永劫ではない」と言っていたとおり、事業の拡大とて未来永劫ではないどころか、産業社会のライフサイクルで言えば、日本は既にその成熟期も過ぎている。

前回書いたように、くだんのパネラーは「新しいビジネスは、利子や配当とは無縁なソーシャルビジネスになる。それを広げることが大切だ」として、自らエリート職を辞めて、LLP(有限責任事業組合)形式で産直レストランを始めている。そう、必要なのは300万人の生協ではなくて、20~30人で成り立つ協同組合を多様に、たくさん創ることなのである。

まあ、現状の生協の役割と言えば、それらの小さな協同組合づくりをサポートすることかなと思う訳だが、今日久しぶりに生協のニュースを知って、やれやれと言ったところである。

|

« 「新しいコミュニティ論」へ | トップページ | 還暦の終わりの仕切り直し »

コメント

生協の未来は厳しい
現在の主要な生協は、60年代後半から70年代前半の市民運動を母体としており、その市民運動は極めて多様な運動形態と方向性を持っていた。従って、初期の生協運動にはそれが反映されており、混沌と渦巻くエネルギッシュな組合員活動があった。
しかし、事業が供給活動(物販)に圧倒的に集約されて行く過程で、それらは文字通り「捨てられ」、供給活動に「真実」「正義」らしさを彩らせる限りにおいて許される存在になってしまった。
その中で育った現在の生協経営陣には、物販の拡大しか考えられない。そのあり方を問い、あるいは否定するような方向は一切考えられない。
従って、現在の生協が支援する「新しい協同組合」には何の期待も出来ないと思う。

投稿: 清水信義 | 2010年3月24日 (水) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やれやれ:

« 「新しいコミュニティ論」へ | トップページ | 還暦の終わりの仕切り直し »