« 日本社会運動の人々 | トップページ | 山川均と宇野弘蔵 »

2009年11月 1日 (日)

労農派の本流

労農派は、1927年に発刊された雑誌『労農』に拠った堺利彦、山川均、荒畑寒村、猪俣津南雄、鈴木茂三郎、黒田寿男、大森義太郎、向坂逸郎らが中心で、1932年来の日本資本主義論争の中で、『日本資本主義発達講座』に拠った講座派に対して労農派と呼ばれるようになった。

また、大森義太郎と向坂逸郎は、1928年から改造社版『マルクス・エンゲルス全集』や『経済学全集』の編集に携わり、1930年からは『改造』に「世界情報」を連載して、その執筆陣には大内兵衛、有沢広巳、脇村義太郎、高橋正雄、美濃部亮吉らのいわゆる教授グループを集め、また「日本資本主義論争」には櫛田民蔵も参加している。

1937年に、有沢広巳が宇野弘蔵に招かれて東北帝国大学で講義を行った時に、いっしょに行った大森義太郎と向坂逸郎も学生相手に講演を行い、これが翌年の宇野弘蔵の検挙につなげられるわけだが、宇野弘蔵も大内兵衛も自ら労農派だという意識はなかった。

これは、労農派が共同戦線党の樹立と無産戦線の統一を理念にかかげて、合法無産政党づくりをすすめたことに対して、実践的なかかわりを持たなかったことにあったのではないかと思われるが、そのことは結果的に労農派の純粋性を保つ上ではよかったのではないかと思われる。なぜなら労農派とは、堺利彦に代表される日本の土着型社会主義と、大内兵衛や宇野弘蔵に代表される純粋な資本主義研究とが一体的に表現されたものだからであると私は思う。

Photo_2 上山春平は『日本の思想』において、労農派を日本の土着社会主義だとし、以下のように書いている。

 「労農派と共産党ないし講座派との対立点を検討してみると、労農派が、若干の基本的な点において、共産党や講座派の誤謬を克服する見地を先取しえていたことに気づくのであるが、それは、共産党や講座派が、レーニン主義ないしスターリン主義を権威主義的に信奉する受動的な思想態度を脱しきれないのに対して、労農派が一方において、土着的な民主主義運動の伝統を継承しながら、他方において、マルクス理論の研究を深め、それを指針として、日本の特殊条件に適応した社会主義を主体的に形成しようとする態度を貫いて来たからではないか、と私は考えている。
 今日の知識層の常識に投影された労農派の姿は、多くのばあい、共産党的ないし講座派的なフィルターを通した姿であり、かなりゆがめられたもののように思われる。そのゆがみをなおして、もとの姿を偏見なく検討するならば、そこに、日本土着の社会主義思想の貴重な遺産を見いだすことができるのではあるまいか。・・・ここで私が問題にしたいのは、むしろ思想の態度なのである。たとえば、中江兆民や内村鑑三の思想は、内容の点ではフランス的民主思想やキリスト教思想といった外来思想に他ならないが、彼らの思想態度には、何人も否定しえない強烈な主体的・内発的な姿勢がみとめられる。労農派のマルクス主義摂取の態度にも、中江や内村の態度に通じる内発性ないし土着性がみとめられる、ということを私は指摘したいのである」と。

そして、堺利彦と宇野弘蔵に共通するのも正にこの「内発的ないし主体的な思想態度」であろうかと思うわけである。

例えば、マルクス主義は、いわばヨーロッパの土着思想であるから、三段階論などはヨーロッパには生まれようがない。宇野弘蔵が三段階論を生み出さざるを得なかったのは、ヨーロッパ生まれの思想で日本を分析するためだったからであり、宇野弘蔵のそこが、輸入ものの思想をすぐに吹聴したり、外の権威に盲従したりした非主体的な態度とちがうわけである。

労農派のめざす共同戦線党づくりは無産大衆党に始まり、全国労農大衆党と社会民衆党との合同、7党合同による社会大衆党となるすが、社会大衆党は右派が中心で、満州事変から2・26事件、そして戦争へという時代の中で、合法無産政党は右派が中心のまま、戦後はみんなまとまって日本社会党に結集した。

そして戦後、山川均は右派を批判して山川新党、社会主義協会をつくり、これが左派社会党となって右派社会党と論争し、山川均なき後の社会主義協会は向坂逸郎が中心になって、やがてこれが労農派の流れと見られるようになるわけだが、「山川均~向坂逸郎」という狭義の労農派の前に、「堺利彦~山川均」といういわゆる労農派があり、さらに、ロシア革命以降のコミンテルン派社会主義の前に、日本の土着型社会主義が生まれ、広義の労農派はここに始まると私は思うわけである。

だとすれば、私は、宇野弘蔵は労農派の異端と言うよりも、内発性と主体性をもった日本の土着型社会主義の本流だと私は思うし、その後、向坂逸郎の社会主義協会が、当初の労農派が批判した宗派的なグループになり、宇野弘蔵の純粋資本主義論がイデオロギー批判の原理になったことを思えば、ますます宇野弘蔵こそ労農派の本流だと私は思うわけである。

|

« 日本社会運動の人々 | トップページ | 山川均と宇野弘蔵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労農派の本流:

« 日本社会運動の人々 | トップページ | 山川均と宇野弘蔵 »