« 労農派の本流 | トップページ | 山川均のしのぎ »

2009年11月 8日 (日)

山川均と宇野弘蔵

宇野弘蔵は堺利彦との接触は少なかったが、山川均とはけっこうあった。なにせ同じ「倉敷もん」であるだけでなく、家もご近所だったのである。山川均の『自伝』には「上のほうの姉は十六歳で、私の家とま向かいの林家に嫁入りした」とあり、宇野弘蔵の『「資本論」五十年・上』には、「(山川均は)『新社会』やその他で高等学校時代に読んでいる。もちろんそのときは山川さんをぼくの知っていた山川さんだということは知らなかったんだ。また初めは無名氏というペンネームで書いていて、それを読んで非常に感心したね」「山川さんといったら昔社会主義者で、あのうちは閉門したうちだというだけなんですよ。・・・たとえばぼくのうちなんか山川さんの姉さんのうちとは非常に親しいんだけど、それでも全然話してない。だから無名氏が山川均氏で、山川均氏がぼくの近所の人だという、これには驚いた」(P89-90)とある。

また、宇野弘蔵の結婚については、「(彼女)を山川さんの姉さんの主人、前に話した薬屋をやっている林さんが見て、考えたことなのです。ところがそれを聞いて大原(孫三郎)さんがそれは非常にいい、自分が仲人をしてやろうというわけで、急にそういうことになった」(前掲書P176)とある。大原孫三郎は紡績事業で財を成した中国地方の財閥で、大原社会問題研究所をはじめ様々な社会事業で知られるロバート・オウエン的な実業家だが、山川均とは中学時代からの友人で、山川均が不敬罪で入獄も刑務所に面会に訪れており、出獄して倉敷に帰った山川均は大原孫三郎からブルタニカを借りて読んでいる。

さらに、宇野弘蔵はこうも述べている。「山川さんのうちは倉敷の町でも貴族階級だけれど、ぼくのうちなんか・・中流ですね。・・山川さんの姉さんの嫁いでいた林さんは薬屋さんだったが、やっぱり貴族階級みたいな気がしていたね」。「らっぱ吹いたり旗をふることはどうしてもできん。それが悪いというのではないが、できない。山川さんも、ぼくはそう思うんだけれど、政党政治家になれないのが当然だという感じがするんだ。それは性格的にそうだと思う。・・・だから戦後、大分活動されたが、ぼくにはどうも山川さんのなさるべきことではなかったような気がするんだね」(前掲書P71)と。要は、二人のバックボーンに「中流~貴族階級」である「倉敷もん」の世界があったということなのだろうが、この世界はいわゆる労農派の学者グループにも通じているように思う。

宇野弘蔵は高梁中学時代の友人の西雅雄から『新社会』を教えられ、『新社会』でカウツキーの『資本論解説』を読んで初めてマルクスの名前を知ったという(前掲書p53)。1917年に東大に入学した後に、西雅雄と堺利彦や山川均を訪ねており、堺利彦や山川均からの影響のされ方については、「やっぱり山川さんのものをずいぶん読んでいるからね。堺さんのものはあまりそうたいして読んでいない」(前掲書p91)ということで、堺利彦を訪ねたのは二度だけだということであるが、山川均については「山川さんのところに初めて行ったとき・・夜訪れていったら、とても喜んで、上がれといって。そのとき英訳の『共産党宣言』をもらった。(私が近くの宇野さんの子どもだということは)そういう話をすればすぐ向こうはよく知っているんだ」(前掲書p72)と述べている。

その後も「山川さんなんかの会合」には顔を出していたようで、徳田球一とも同席したりしているが、実践活動には誘われることも参加することもなかったという。山川均の知り合いということで、参加を認められていたといったところだろうか。学生時代の宇野弘蔵は、サンディカリズムの傾向を持ちながら、「社会主義というより『資本論』です。これを知りたいと思っていた」(前掲書p101)と述べている。

山川均に、1919年前後に書かれたと思われる「国家社会主義と労働運動」という論文がある。以下は、その一部である。

「社会主義は多くの人々によって、資本私有制度の撤廃であり、資本公有制度の主張であると解せられている。しかしながら社会主義が、少なくとも現代の労働階級の社会主義が、資本私有の撤廃を主張して居るのは、賃銀制度廃止の方法として、これを主張しているものであることを忘れてはならぬ。社会主義が資本私有の廃止を主張しているのは、その廃止は必然に、賃銀制度の廃止を伴うという前提によるものであって、もし資本私有制度廃止が、同時に賃銀制度の廃止を意味せぬとしたならば、資本私有の廃止と存置とは、もとより社会主義の関知せざるところである。
 マルクスの経済学説によれば、剰余価値の搾取は、労働力が商品として売られることに基因するものである。労働力が商品として売られる問は、労働者は生産行程の支配者ではなく、したがって厳密なる意味での生産者ではなくて、単に原料や機械と均しく、生産費の一項目を構成する《労働と名付ける》商品の売手である。そして労働力が商品たる間は、剰余価値は正当に、詐欺または掠奪のごとき個人的の不正手段によらずして、生産者以外のものの収得に帰するものである。そして賃銀制度は必然に労働力を商品とみなすことを前掲としてのみ、なりたち得るものである。したがって賃銀制度は必然に、剰余価値の生産を意味するものである。そして剰余価値の生産の存続する限りは、労働問題は永久の宿題として存続するに相違ない。
 そこでこの最後の意味における国家社会主義が、労働問題を解決するかどうかという問題は、必ずしも単に国家社会主義の結果が、資本私有制度を撤廃するか否かという《ことによってのみ決定せられるものではなく、》その資本私有制度の撤廃が、賃銀制度の廃止を意味するや否やという一事にかかっている。・・・《賃銀制度の廃止を伴なわぬ国家社会主義は、畢竟、国家資本主義である。労働者はいぜんとしてその商品たる労働力を売って、その剰余価値を引き渡さなければならぬ。労働者はいぜんとして、賃銀という一様のあつもののために、生産物に対する相続の権利を売らなければならぬ。そして剰金価値に対する労働階級の奪還戦は、永久に歌われねばならぬであろう。》」(勁草書房『山川均全集・2』から)と。

「ボルシェヴィズムより前からマルクス主義者」であり、サンディカリズムをもくぐった山川均が、まだボルシェヴィズムの国家社会主義的実態を知らない頃に書いた文章であると思われるが、社会主義を「賃銀制度=労働力の商品化の廃止」として位置付けた画期的な論文であると、私には思われる。

その後の山川均について、宇野弘蔵はこう述べている。
「山川さんでも一時はサンディカリスティックだったのだが、本来はマルキスティックだったのではないか。そしてそれから後にはボルシェヴィズムにはいるというわけでしょう。ボルシェヴィズムにはいれば当然政党運動ということになる。おそらくそこに例の方向転換に行くきっかけがあるのじゃないかな」と。

そしてそれは、前述の「だから戦後、大分活動されたが、ぼくにはどうも山川さんのなさるべきことではなかったような気がするんだね」という感想につながっていると、私には思われるわけである。また、宇野弘蔵の労働力商品論も、山川均からのヒントもあったのではないかとも思うわけだが、どうだろうか・・・。

|

« 労農派の本流 | トップページ | 山川均のしのぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山川均と宇野弘蔵:

» サフィア・ミニーと大原孫三郎 [にわかブロガーの成功哲学研究所★ろぐ]
タイトルを見て「この2人の相関性って何?」と思った人もいるかも知れません。 前者はフェアトレードとファッションビジネスを結びつけた社会起業家。 後者はご存知、大原美術館を作ったり岡山県倉敷地区を中心に日本で先駆けて社会貢献活動を進めた実業家です。 時代..... [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 15時52分

« 労農派の本流 | トップページ | 山川均のしのぎ »