« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月 9日 (金)

石川三四郎

 ロバート・シルジェンの『賀川豊彦』に、賀川自身が協同組合を知ったのは、1905年に石川三四郎の『協同組合の話』を読んだからだとあったから、手持ちの石川三四郎の本を見てみたが、載っていない。
 石川三72_2四郎は、1903年に幸徳秋水や堺利彦が創刊した平民社に参加しており、平民社が発行した『平民新聞』は1905年には廃刊になってしまうが、『平民新聞』の廃刊後は木下尚江や安部磯雄らと『新紀元』を創刊、『新紀元』はキリスト教社会主義であった。賀川豊彦は1905年に明治学院神学部に入学して、図書館の本を全て読み漁ったというから、その頃に『平民新聞』や『新紀元』を読んだのかもしれない。 (写真は上から堺利彦、幸徳秋水(左)、西川幸次郎(右)、石川三四郎)

 さて、石川三四郎は、賀川豊彦以上に「忘れられた思想家」だが、幸徳秋水と大杉栄と72_3 並ぶ日本の3大アナキストの一人である。クリスチャンでもあった石川三四郎は、直接行動主義というよりも求道者的なところがあって、7年にわたるヨーロッパ亡命から帰国した後は、イギリスでカーペンターから学んだ「土民生活」の実践をし、戦後まで生きて、戦後に書かれた『50年後の日本』などは、E.ベラミーの『かえりみれば』や、W.モリスの『ユートピアだより』に通ずるユートピア小説である。 (写真は晩年の石川三四郎)

 日本のアナキストと言えば、幸徳秋水と大杉栄ということになるが、私の好みで言えば、辻潤とこの石川三四郎である。辻潤と石川三四郎には、直接の接点はないが、福田英子でつながっているかもしれない。

 秩父で困民党の反乱が起こった前の年に、大井憲太郎という自由民権運動家が秩父を訪れていて、反乱の前史となっているが、その後、大井憲太郎は朝鮮の独立を支援しようとして大阪事件を起こし、その時に爆弾の運び役をやった女性に福田(旧姓景山)英子がいる。

 その後、大井憲太郎と別れた福田英子は福田友作と再婚し、福田友作の家には若き石川三四郎が出入りしていた。1907年に福田英子は『世界婦人』を発行し、石川三四郎はその発行人になっている。当時、警察の調書は11歳年上だが、福田英子を石川三四郎の内縁の妻としていたという。だから石川三四郎は、燕第1号とも言われている。

 1911年頃、福田英子は染井に住んでいて、当時、巣鴨に住んでいた辻潤が遊びに来ていて、そこで白山の聖人と言われたアナキストの渡辺政太郎と会い、渡辺政太郎の紹介で大杉栄と知り合うことになる。その頃、辻潤は上野高等女学校の教え子の伊藤野枝と結婚していたのだが、やがて伊東野枝は大杉栄と出奔してしまう・・・。

 望月百合子という女性アナキストの社会運動家がいるが、彼女は石川三四郎の養女で、ひょっとしたら娘であるかもしれない。日本の社会運動史というのは、本当に面白くて、「忘れられた思想家」を読めば読むほど、明治から現在まで連綿とつながっている=生きているのがよく分かる。

 昔、白山上にある南天堂という書店に勤めていた。大正期には2階にレストランがあって、大杉栄や辻潤や萩原恭二郎や林芙美子らの溜まり場になっていたという。それ以前に、石川三四郎は哲学館(※現東洋大学)に学んでいる。
 南天堂の向かいには一音寺という浄土真宗の寺があって、住職が母校のサッカー部の顧問であったので、そこはサッカー部OB会の集まりの場になっていて、今でも白山周辺には時々出かけて行くのだが、陽が落ちて肴町辺りを歩くと、路地裏の暗がりにアナキストや詩人の言霊が転がっているのが分かる。

 私が南天堂で働いていた頃に息子が生まれて、息子は団子坂上の産院で生まれたから、「三四郎」と名づけた。半分は漱石大先生からお借りしたのであるが、もう半分は石川三四郎からお借りした。息子には迷惑な話であるのだろうが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賀川豊彦

 賀川豊彦の本を読もうと、mixiの賀川豊彦のコミュで本の案内を求めたら、ロバート・72シルジェン著『賀川豊彦』(新教出版社2007年5月刊)を紹介されたので、ネットで発注して、仕事の合間に読み終えた。
  以前、日本人の書いた賀川豊彦の伝記なども読んだが、今回のアメ リカ人の書いたものの方が、ずっと重厚である。注や参考文献を見ると、英文のものがほとんどで、賀川豊彦は日本でよりアメリカでの方が有名だという話にもうなづける。

 賀川豊彦は、キリスト者、牧師でありながら、日本の労働組合、生活協同組合、農業協同組合、共済組合等などの父でもあり、私的には「日本のロバート・オウエン」とさえ言えるが、さらに「日本のガンジー」とさえ言われ、ノーベル平和賞の候補にもなり、戦前に『死線を越えて』などの大ベストセラーを書いた人だが、現在では、図書館で探しても本は少なく、一般的には「忘れられた思想家」とも言える。

 先にふれた『西暦2000年の協同組合』の中で、レイドロウ氏によって「協同組合地域社会なるものを創設するという点で,都会の人々に強力な影響を与えるためには,たとえば日本の総合農協のような総合的方法がとられなければならない」(p146)と、日本の農協が高い評価を受けているが、生産、消費、信用、サービスまで、協同組合によるトータルな相互扶助社会のイメージのルーツこそ、まさに賀川豊彦にあると言える。

 賀川豊彦とアメリカとの関係は、プリンストン大学に留学したということだけでなく、後に、実践的キリスト者として、社会改革のために協同組合を広めることを説いて、アメリカ中を講演して回り、アメリカの協同組合に大きな影響を与えていることにあった。

 賀川豊彦は、日本では世界最大の生協であるコープこうべ(旧・灘神戸生協)の創設者であることが知られているが、アメリカ最大の生協であったバークレー生協なども、その影響を受けており、そこでは日系人が雇用され、理事にも日系人がいたという。
 しかし、バークレー生協は80年代末に倒産し、コープこうべも経営に苦しんでいる。両者とも素晴らしい生協であったとは思うが、成功してエスタブリッシュメントになるということは、協同組合にとっては「死の接吻」ともなるのだった。

 コープこうべとバークレー生協は、いわば兄弟生協でもあった訳だが、ロバート・シルジェン著『賀川豊彦』を読んで思うことは、思想というのは一国的なものであるというよりは、グローバルなものであるということである。だとすると、思想はグローバルなのに、協同組合はローカルだというのは、間尺に合わない。前のブログからのつづきで言えば、では、グローカルな協同組合の在り方とはいかなるものなのだろうか?

 グローバリズムは世界のアメリカ化とも言われるが、1960年代のアメリカにおける公民権運動の指導者のキング牧師は、ガンジーの非暴力主義に学んでいて、そのガンジーの非暴力主義は、ヘンリー・D・ソローの市民的不服従に学んでいて、19世紀のアメリカに生まれたソローやエマソンらの超絶主義は、東洋思想から影響を受けている。

 賀川豊彦よりも先にアメリカに渡った鈴木大拙は、アメリカに禅を普及させるが、やがて禅はアメリカの対抗文化に影響を与え、ビートのゲイリー・スナイダーは日本に渡り、60年代からの日本の対抗文化の源流ともなる。
 ゲイリー・スナイダーがアメリカのサンジカリズムの労働運動であるIWWの末裔を自認していたことは前に書いたが、プリンストン大学に留学した賀川豊彦は、ニューヨークで移民労働者による大きなデモに出会い、労働運動に目覚める。そして日本への帰途、ユタ州で日本人会の書記の仕事につき、日本からの農業労働者のために働いている。

 賀川豊彦がユタ州にいた頃、ワシントン州ではIWWのメンバーが殺された“エベレットの虐殺”が起き、後にゲーリー・スナイダーはこの事件をジャック・ケラワックに語って聞かせる。また、元祖ボブ・ディランのIWWのバラード詩人のジョーヒルは、1915年にソルトレイクで殺されている。果たして、このことを賀川豊彦が知らなかったということがあるだろうか?

 永井荷風の『あめりか物語』には、20世紀初頭のアメリカ西海岸には、多くの日本人労働者がいたことが書かれている。ビートの源流には、「ホーボー」と呼ばれた渡り鳥的労働者がいたが、その「ホーボー」という言葉は、日本語の「方々」から来ているとも言われる。

 また、日本を追われた幸徳秋水は、アメリカに渡って彼らを組織した。幸徳秋水は、堺利彦らと『平民新聞』を刊行して、日本における社会主義運動の創設者だが、賀川豊彦は『平民新聞』を読んで、そこから協同組合を学んだようである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 8日 (木)

立冬の頃

 前に日記らしいことを書いたのは、7月 7日 に書いた「梅雨の頃」だったが、もう既に秋深く、今日は立冬である。最近は、以前ならこのブロクに書いたようなことも、安易にmixiに書いてしまう。mixiはクローズドだから、気楽に書けるのがいいが、読んでもらえる範囲は少ない。この間、このブログを読んだという何人かの方からメールをいただき、それぞれmixiにお誘いして、マイミク(mixi仲間)になった。こんなブログでも、見知らぬ方にも読んでもらえるのは有り難い話しで、ブログはブログで、たまには書かなくてはと思う次第である。

 7月 250_yhg7日 に「とりあえずはバイクを買い換えようと思っている」と書いたが、7月末にバイクを買い換えた。6月からはフルタイムのパート仕事を始めたのだが、5月頃にやったDTP仕事の金が入って、それをつかっても何とかなりそうなので、バイクを買い換えた のだった。

 それHideで、パート仕事をやりくりしながら、8月には昨年も行った茂木の友人の所へ、10月には仙台の大内先生の所まで往復800キロのツーリングをしてきた。大内先生とは、一晩酒を飲みながら、「不均衡の均衡の時代における脱労働力商品的生き方」を切り口に、とりとめのない話をしてきた。

 日常は、本屋仕事とコンビニ仕事を3日づつの週6日フルタイムワーク、それに今月はDTP仕事の締め切りを抱えて、言うなればワーキングアップアップ状態だが、普段は買い物に行く程度のバイクでも、寒くなっていく季節の中を走るのは一瞬の非日常で、気分転換にはとてもいい。

 仕事の合間の読書もまあ順調で、その感想もこのブログに書いて行きたいのだが、時間的にタイトな日々で、まとめる時間がない。だから、メモを書くように、ついmixiに書いてしまうのだが、その2番煎じでも、書くようにして行きたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »