« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月 3日 (日)

脱労働力商品への道とコミュニティビジネス

 コミューン論として書き始めたブログは、ロバート・オウエンのニューハーモニー・コミューンから社会主義まで、なぜコミューンは失敗するのかという問題意識から、新たに市場社会におけるコミュニティ論、市場と共同体論をへて、脱労働力商品論へとたどりついた。これは、労働力商品であることから抜け出ていくことが、コミュニティの形成につながるということである。労働力商品のままに寄り集まっても、組合はつくれても、自治的なコミュニティはつくれない。

 コミューン論を考えるきっかけには、もうひとつ、コミュニティ・ビジネスとは何かというNPO活動上のテーマがあったのだが、脱労働力商品的働き方と、その事業化、企業化としてのコミュニティ・ビジネスとコミュニティの形成といのが、ここで見出された方向である
 要は、これまである協同組合や労働組合や共済組合などを寄せ集めて、「社会的企業」と称したところで、それらがNPOであるわけでもないし、コミュニティ・ビジネスになれるわけではないということである。

 では、脱労働力商品論をどう展開していくのかと考えると、二つのやり方があるように思う。ひとつは、原理論的な考え方であり、もうひとつは現状分析的な方法である。
 原理論的な考え方とは、「アダム・スミス流の労働価値説 → リカード派社会主義の労働全収権論 → ロバート・オウエン流の貨幣に換わる労働証票+共同社会的クローズドコミュニティづくり」といった従来型のコミューン論から、「マルクスの価値形態論 → 物象化された世界に見切りをつけること → 貨幣高に拘らない生活と働き方+オープンで自治的なコミュニティの形成」といった方向であり、そこにおける「自治的な生産コミュニティ」というのが、いわばコミュニティ・ビジネスとなるの訳だが、私だけではどうにもなりそうにないので、大内先生の知恵をお借りするしかないだろう。

 もうひとつの現状分析的な方法とは、脱労働力商品的生き様のフィールドワークであり、これなら私にも出来そうである。昨日(6月2日)は、NPO自主事業サポートセンター主催で、プアだけどハッピーにしてアートなフリーランサー、フリーターの方々に集まっていただいて、ミニシンポジウムをやった。
 SNSのmixiやイベントなどで知り合った人たちで、初めてお会いした方もいたが、今までよく知っていると思っていた方々でも、どんな生き方をしてきたかとなると、ほとんど知らず、赤裸々にそれぞれの生き様をトークしいただくと、パネラーのほとんどがまともな就業経験を持っていないことが分かった。

 それでは、まともな就業経験がないと人生は不幸かというと、当人たちは全くそんなことはない。ある人は、端から見れば、どうみたって貧乏にしか見えないのに、当人は一度もそう思ったことはないという。そして全員のトークを聞けば、今の世の中で、これほどまともな人たちはいないと思えるほどまともであり、今の世の中、雇用からはみ出した人こそ、まともな感覚を持てるのかと思われるのであった。

 雇用からはみだされてワーキング・プアになるのか、雇用からはみ出て自ら生きようとするのか、前者は保護を必要とするのかもしれないが、後者であるシンポジウムのパネラーたちは、みな行政による保護をあてにしていなかった。まあ、この辺りから脱労働力商品的生き方のフィールドワークをしつつ、脱労働力商品論へとせまってみたいと思っている。

Dc  今回やったシンポジウムは、一昨年に同じくNPO主催で、『就職しないで生きるには』というテーマでやったシンポジウムのPart2であったのだったが、好評だったので、脱労働力商品的生き方のフィールドワークを兼ねて継続したいと思っている。Part1以降、名称を“Dropout College”と称している。上流・下流、正社員・非正社員、雇用・非雇用・・・を超えて、ハッピーにして、アートで、エコな生き方の探求とレクチャー、これが“Dropout College”のミッションであり、とりあえずは、私のコミュニティ・ビジネスにしようかと思っている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »