« 『夜明け前』と『大菩薩峠』 | トップページ | 脱労働力商品への道とコミュニティビジネス »

2007年5月28日 (月)

市場と共同体

 26日にSBIの総会があって、総会後の講演会では、SBI理事長の大内先生が「格差社会その徹底解明」という話しをされた。そして、その前話で、改憲を目指す安部政権は、市場原理主義をめざした小泉政権を引き継ぐのかどうかと提起され、どうもそうではないのではなかろうかという話しされ、さらに、日本の財界の中には市場原理主義派と日本型経営派があって、安部政権は後者にも組するのではなかろうかと話された。
 今月は、行き詰まり引きこもり状況にあったが、たまに外でいい話を聴くと、頭が刺激を受ける。そこで、さっき書き始めたのが以下の文章である。これまで本を読むばかりで、どうまとめるかと思っていたことが、少し整理できてきたところだ。

 ここから先は、それへの私の感想である。安部が目指しているのは、改憲と自由主義社会の同盟であり、安部の祖父の岸信介が目指したことを引き継いでいると思われる。
 戦争に負けても何の反省もしなかった岸信介は、戦後のアメリカ軍による占領を何とかしのいで、戦前の国家主義的憲法の再獲得と、日米安保条約を双務的な中身に改定することをめざした。安保条約の改定は何とかやりきったものの、憲法についてはやりきれなかったことを、現在の安部政権がやろうとしている訳だが、もうひとつ、岸がやろうとしたことに、保守2大政党体制づくりがあったという。
 これには、保守対左派、要は自民党対社会党・共産党といった構図を避けたいという意図があったのかと思われるが、これは55年体制終了後の現在、自民党対民主党といったプレ2大政党体制を経ながら、やがて実現の方向に向かうと思われる。
 だから、市場原理主義と格差社会をめぐって、財界の中の市場原理派と日本型経営派があるという話で言えば、小泉が明確に市場原理主義を志向したのに対して、祖父の信念を継承する安部としては、市場原理派と日本型経営派の2派による保守2大政党を目指しているのかとも思われる。

 日本型経営派とは謂わば企業共同体派であって、市場原理への対抗原理は、いつでもどこでも共同体である。共同体と共同体の間に市場が発生したというのは通説だが、世の中が市場経済になった後は、共同体は死滅するのかと言えばそうではなく、共同体は市場原理に対する対抗原理として、常に復活してくるのである。極論すれば、歴史とか社会は、市場化=グローバル化への動きと、共同体復帰への動きの二つの動きの拮抗と均衡から成っているとさえ思える。

 例えば、日本の明治維新などを見てみる。1853年にペリー提督率いる4隻の黒船が浦賀沖に現れて日本に開国を迫れば、それへの対応は攘夷と開国に分かれる。この時のペリーのものの言い方など、その150年後にアメリカが迫った自由化と規制緩和の要求にそっくりである上に、攘夷なり規制緩和反対なりの対応も、反対派を抱えつつも受け入れるといった、その後の経過も同様である。

Photo_15  攘夷運動の原理となったのは、平田篤胤~水戸学派の国学思想であり、徳川幕府の封建体制に対する御一新=革命を主張する。国学思想は、それより先に本居宣長が、大陸より伝わった儒教や仏教といった「漢ごころ」を捨てて古の代に帰れと主張したのを受けて、よりよき「上つ代」への復古をめざすものなのであるが、攘夷派であった長州、薩摩が政権を取った後に、欧米に多くを学んで現実政治をすすめる中で、御一新=革命ならずで挫折する。島崎藤村の名作『夜明け前』は、木曾路は馬籠の本陣庄屋であり、国学派であった藤村の父が、御一新の夢破れて狂死する物語である。

 この未完の革命運動である維新は、その後、天皇を頂点とする国家社会主義思想として陸軍の皇道派に引き継がれるのであるが、これも2・26事件であえなく挫折する。『夜明け前』の中で、藤村の父がモデルである青山半蔵に対して、国学派の先輩が「復古が復古であるというのは、それが達成されないところにあるのさ」と言うように、あえて言ってしまえば、復古であろうと社会主義であろうと、御一新=革命というものは成立しないものなのである。なぜなら、世界は進歩と復古のベクトルから成り立っているからである。
 一元化が成り立たないということは、市場原理主義で覆われた社会というのも、また成り立たないということでもある。大内先生の言葉を借りれば、社会は「不均衡の均衡」で行くしかないのである。

 だから、2大政党制というのが、これまでの保守と革新というよりは、市場原理派と共同体派的色分けに収斂していくのは、理にかなっているように思える。共同体派というのは、別に天皇制国家主義派である訳ではない。経済学で言えば、いわゆる社会主義から、フェビアン主義的、ケインズ主義、ライン型資本主義、イスラム主義まで、市場の抑制の必要を掲げる人々であり、世の中の半分くらいの人は、そう思うものなのである。

Photo_16  書き足しておけば、天皇制国家主義というのは、天皇家は万世一系であるという高天原神話に基づいて、天皇を頂点とする共同体への復古をめざすのであるが、その根拠となっている『古事記』からして、奈良時代に大陸から仏教や律令制といった新しい思想や方法が流入して来て、藤原氏の政権介入などで天皇家のアイデンティティが希薄化した時に、そのアイデンティティを確認するために古代からあった神話を集めて編集して作られたものなのである。鰐の登場する「いなばの白兎」の神話など、ルーツはインドネシアにあるというから、『古事記』も、謂わば、中国大陸から押し寄せた当時のグローバリゼーションに対する産物なのであるが、さらに天皇家は朝鮮半島からの血筋でもあるならば、万世一系の高天原神というフィクションに支えられる日本の国家主義思想は成り立たない。(※工藤隆著『古事記の起源』中公新書2006年参照)

 非西洋世界でも、中華帝国などの文明をもった帝国が成立すれば、周辺はその属国に組み込まれるか、辺境で独自の小共同体に引きこもるかである。生産力の拡大による市場化を、比較優位な文明をもった帝国の拡大と置き換えれば、それによる謂わばグローバリゼーション対して、周辺国に守旧派、復古派、謂わばナショナリズム的な対応が起こるのは、いつの時代でも、どこの地域でも世の常である。そして国家は、そういった他との関係性の中から生じ、統治の都合上、他との違い=アイデンティティを必要とするのである。『古事記』が成立した事情も、幕末の攘夷派の国学も、事情は同じなのである。

Photo_17  また、よりよき共同体成立期の古に返ろうという復古による革命というのは、別に日本の専売特許ではなくて、イスラム原理主義として恐れられる欧米化に対するイスラム復古運動なども全く同じである。文化的な違いはあるにしろ、神の国への復古、アイデンティティを守るための特攻や自爆テロなど、ヒトの考えることに大きな違いは無いのである。

 アメリカの独立運動だって、近代化の先行したイギリスによる植民地政策に対して、アメリカ人が自らのコミュティを守ろうとしたからである。独立したと言っても、その頃のアメリカには立派な中央政府があった訳ではなく、小さな東部13州の連合体であり、州も小さなコミュニティで成り立っていたにすぎないのだが、先のブログに書いたように、独立した後も地域毎に多様であったアメリカは、共和主義の理念を書き込んだ憲法を制定して近代統一国家として出発し、南北戦争後には資本主義が大きく発展させ、やがて資本主義のチャンピョンになっていった。
 市場原理主義によるアメリカの資本主義の発展に対しては、その途上で、労働騎士団の運動から、ポピュリズム、ベラミー派の運動、IWWによるサンジカリズム、近年の対抗文化運動など、多くの対抗運動が発生したが、ベラミー派の運動やIWWの争議でさえアメリカ国旗を掲げたように、その運動は資本主義化に対してアメリカの原点に返ろうとする共同体回帰運動であったと言える。

200  この間、アンドルー・ゴードン『日本の200年』(みすず書房2006年)、ジョン・ダワー『敗北を抱きしめて』(岩波書店)、イアン・ブルマ『近代日本の誕生』(ランダムハウス講談社2006年)など、アメリカ人の書いた日本の近現代史の本を何冊か読んだ。これらの本の著者が共通して言っていることは、日本の歴史の特殊性というよりは、日本の歴史の非例外性であり、より広範な世界の近現代史との不可分、相互連関性である。日本の近現代史は、地政学的な関係もあるが、アメリカとの相互関係からの影響が多いように思われるから、私は市場原理主義への対抗運動のモデルを、岡部一明氏などに学びながら、アメリカの対抗運動に探してしてきたところである。

 さて、今回のブログは、1月10日のブログ『脱労働力商品と歴史の見方』に書いた「所有論的アプローチ → 唯物史観」に代わって、「脱労働力商品論的アプローチは、いかなる歴史の見方をするのか」のつづきであり、さらには昨年の12月7日のブログ『市場社会とコミュニティ』のつづきであり、元は8月12日のブログ『リカード派社会主義と宇野理論』に始まっている。

 『ドイツ・イデオロギー』以前の『経哲草稿』におけるマルクスの疎外論には、「人間の共同存在」とか「類と個」だとか「完成した自然主義=人間主義」だとか、思いつき的なことが書かれているが、マルクスがそんなことを思いついたのは、ヘーゲル哲学を学ぶ以前にギリシア哲学も勉強していたせいかとも思われる。永劫回帰の思想を提起したニーチェも、元はギリシア哲学であり、『存在と時間』のハイデッガーもまたそうであった。知は古にあるのである。

 市場は、共同体と共同体との間に発生したと言われるが、もともと個別に成立した共同体が存在する世界があって、やがて個別の共同体が他の共同体と出会うことから、共同体どうしの関係や交易が生じるのだが、この場とは広くは市場であり、これは資本主義の成立する以前から、世界はこれで成り立っていると言える。資本主義=市場経済の成立は、広義の市場=世界を、狭義の市場=国民経済単位の生産と交換に変えてしまい、それを成り立たせるための国家アイデンティティ=ナショナリズムと生産力と武力をこしらえて、世界を国家単位に分断した。

 市場経済がグローバル化する一方で、共同体を取り戻そうという志向は、国家を超えた世界を取り戻そうとすることでもある。市場経済のベクトルに対して、共同体を取り戻そうとする動き、近代化と復古は、どちらが正しいというよりは、このぶつかりあいが歴史であり、世界であるのだろうと思われる。よりよきコミュニティは未来にあるのでなければ、古にあるのでもない。人々が身近にささやかにでもコミュニティをつくり、それらのコミュニティが国家を超えてつながって行くことの中にあるように思われる。広義の市場とは、それを成り立たせる世界のことである。そしてコミュニティ=共同体とは、身近な日常の中に現実的に獲得され得るものであり、コミュニティ・ビジネスとは、そのための生業の仕方である。私はこれを「脱労働力商品への道」とするが、今日はここまでである。

|

« 『夜明け前』と『大菩薩峠』 | トップページ | 脱労働力商品への道とコミュニティビジネス »

コメント

黒バックに青い文字。ケータイからだと、まったく読めません。色指定変更をお勧めします。

投稿: | 2007年5月28日 (月) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市場と共同体:

» 隊商交易 [加藤]
隊商交易の中継地として栄えたこの地にはカスバと呼ばれる邸宅が数多く建築され [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 13時27分

« 『夜明け前』と『大菩薩峠』 | トップページ | 脱労働力商品への道とコミュニティビジネス »