« タイトな日の終わりに | トップページ | 仕事と遊び »

2006年9月17日 (日)

横浜ZAIM

0916zaim  昨晩は、横浜のZAIMで詩を詠んできた。4編詠んで、バックでgandhiさんがサックスを吹いてくれた。初めての試みで、出たとこ勝負ではあったが、いいコラボレーションができた。gandhiさんに、感謝である。

 2年前に母が死んで、「昨日、母が死んだ」と某ブログに書いたら、gandhiさんから「これから追悼に"SAY IT"を吹きます」というコメントがあって、それ以来、一度gandhiさんの"SAY IT"をバックに詩を詠みたいものだ、と思っていて、今回リーディングの場が横浜ZAIMであったから、メールしたら、快く引き受けてくれたのだった。
 母の命日は9月14日で、16日は告別式の日であったから、これも偶然というよりは、2年の時を超える世界を、母といっしょに過ごせたと感謝している。

 さて、詩には"SAY IT"のほかに、"MAIDEN VOYAGE" "Polka Dots And Moonbeams" "ole" を吹いてもらった。"SAY IT"はソロで、あとの曲は、それぞれハービー・ハンコック、チェット・ベーカー、ジョン・コルトレーンのCDを流して、それにインプロヴィゼーションしていただいた。

 gandhiさんからは、開演の前にZAIMのgandhiさんの部屋に来るようにメールがあったので、そこで小1時間程の音合わせをやっただけだったのだが、楽譜もなしに、曲に合わせてテナー、アルト、ソプラノとサックスを使い分けて、なかなかのインプロヴィゼーションであった。

 gandhiさんとは、4年前に新宿のロフト・プラスワンでフーゲツのJUNさんが行った「風月堂閉店30周年記念イベント」で初めて会ったのだったが、gandhiさんは60年代の後半に、新宿の二幸裏にあったジャズ喫茶のDIGでカウンターに入っていて、当時、私は高校生で、DIGにもよく出入りしていたから、40年前にも、顔を合わせていたかもしれない。

 gandhiさんは「俺は1970年以降のジャズは知らないよ」と言っていたが、私も70年代には新宿には行かなくなったし、新しいジャズを聴くこともなかった。
 それでも、二人とも60年代後半に、身体にしみ込むほど当時のジャズを聴いていたせいか、昨日の音合わせも、「それ」とか「そうそう」とか言うだけで、一発で済んだのだった。

 60年代には、時々、新宿でふーてんした。母親には「友達の所に泊りに行ってくる」と嘘を言って出かけるのだが、昨晩のコラボレーションをいっしょした母は、「なんだ、そうだったの」とか思っているかもしれない。

※写真はkaji-Gさん撮影

|

« タイトな日の終わりに | トップページ | 仕事と遊び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜ZAIM:

« タイトな日の終わりに | トップページ | 仕事と遊び »