« 労働運動とヒンドゥー教 | トップページ | ベラミーからIWWへ »

2006年4月20日 (木)

市原康TRIO'ライブ

419_1  昨晩は、友人のジャズドラマー市原康君のTRIO'の自主ライブをやった。 場所も友人関係のイタリアンレストランを借りて、参加費8000円(女性5000円)、採算分岐点参加者50名とし、当日までは参加者数が読めなくて心配したが、ふたを開けてみたら参加419_2 者は80名を超えて、10万円くらいもうかってしまった。

 市原君の出身高校のの同窓生が多く来てくれて、東大病院院長の永井良三君が今回のライブの代表呼びかけ人で、永井君のNagaiリクエストで演奏された"It's only a paper moon"の演奏は圧巻であった。友情という言葉をJazzにすると、こうなるという実感である。この曲は、次に出る市原康TRIO'のCDに入れられるという話になったから、もしそうなったら必買の1枚である。(※写真は挨拶する永井良三君)

 ライブ終了後、主催者仲間で打ち上げをやって、残りの金は次回の企画費用に回すことにした。 会社勤めを辞めた後、素人プロモーターを時々やるのだったが、大体は赤字かギリギリで、こ れだけ儲かったのは、今回が初めてであった。参加していただいたみなさんに感謝である。

 今日は、夜に近所のレストランに皿洗いのアルバイトに行った。このレストランは、昨年の年末からアルバイトし出して、年が明けてからは週1回で3~4時間くらいの仕事しかないのだが、忙しい時間だけアルバイトしている。 月のバイト代は大したことないが、これで本が買える。

 先週までパートしていた24時間365日営業の外食チェーンには、調理場に包丁が無く、基本的に、鉄板とチン(電子レンジ)の世界であるのだが、このレストランにはシェフと包丁人がいて、何でも素材からつくる。外食チェーンは上場会社で、レストランは個人オーナーの店であるが、バイトする上でも、このレストランの方が精神衛生上はるかにましである。

 今週は、月曜日は労働運動家たちとヒンドゥー教の勉強会をして激論して、昨日はレストランを借り切って遊んで、今日はレストランで皿洗いと、ダイナミックな毎日で退屈しない。皿洗いから帰ってきて、一杯飲んで、これから眠るまで本を読む。明日は、NPOの事務所に行き、日曜日はドクター・セブンさんのDOORS'イベントに行く予定である。桜は散ってしまったが、なかなかいい季節が始まったものである。

|

« 労働運動とヒンドゥー教 | トップページ | ベラミーからIWWへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113260/9688327

この記事へのトラックバック一覧です: 市原康TRIO'ライブ:

« 労働運動とヒンドゥー教 | トップページ | ベラミーからIWWへ »