« SOHOスタイル | トップページ | 森嶋通夫『サッチャー時代のイギリス』 »

2006年2月25日 (土)

19世紀後半のアメリカとエドワード・ベラミー

 年の初めの大内秀明先生のブログに、「神田の古本屋街を歩くのは楽しい」「明治37年(1904)刊、ヰリアム、モリス原著、堺枯川抄訳『理想郷』」を手に入れたとあったので、2月5日に、そのブログにコメントして以下のように書いた。
 「暴力革命的発想は、議会主義の遅れた後進国で起こりやすく、ロシアなどその典型でした。日本のマルクス主義も、堺利彦らの先駆者を得ながらも、その後のロシア革命=ヴォルシェヴィキ革命の成功によって、共産党的路線が、革命運動の主流になってしまいましたが、その中にあて、山川均らの非暴力路線が提起され、それが戦後の社会党にまで継承されたことは、もっと評価されてしかるべきだと思っています。私は明治学院大学にいて、その後、生協運動に携わってきましたから、日本のロバート・オウエンともいうべき賀川豊彦を尊敬しています。その賀川も、戦後社会党の創設者のひとりです」と。

ww  2月7日は一ツ橋で取材仕事があって、少し時間があったので私も神田の古本屋街をブラブラして、現在品切れ中の岩波文庫『ホイットマン自選日記(上)(下)』を見つけて買ってきた。19世紀のイギリスの次は、19世紀のアメリカを読んでみようと思ったわけである。

 そしたら2月8日に、私のコメントに対して、大内秀明から以下のコメントがあった。
 「イギリス的社会主義の見直し、大賛成です。ブレアはともかく、新保守主義の市場原理主義に対抗する形で、スコットランド等地域から始まったコミュニティ・ビジネス(イギリス型NPO・社会的企業)について、R、オーエンからW,モリスなどへの共同体型のユートピア社会主義の流れの跡付け必要ですね。それも米英仏の3角関係を視野に入れて、たとえば米のべラミーのユートピア、仏のプルードンなどの社会主義との関連ですね」と。
 ベラミーについては初耳であったのだが、15日にコミュニティ・ビジネスの本づくりの打合せで大内先生と会い、打合せ後の酒飲みの場で、大内先生が再度ベラミーについて言われるので、翌日、図書館にベラミーの本をリクエストしたのだった。

 そんなで、エドワード・ベラミー『かえりみれば』という本を手にすることになり、今はホイットマンを読んでいる最中なので、まだベラミーは読んではいないのだが、その解説だけを先読みしたら、以下のような本であることが書いてあった。
 1888年にアメリカで出版されたユートピア小説で、大ベストセラーになり、当時「ベラミー・クラブ」が全米につくられて、大衆運動にもなったという。そして、アメリカに渡った賀川豊彦は、ベラミーの娘を訪ねて、ベラミーの影響を受けたと語ったという。

 19世紀後半のアメリカは「金ぴか時代」と言われている。南北戦争が終わると、北部の工業化がいっきょにすすんで、多数の成金が生まれ、併せて西部開拓もすすんだ。子供の頃に見た西部劇の時代であるが、今思えば、量産され部品互換性のあるコルト45という拳銃は、まさにアメリカの工業化の産物だったのである。

 手持ちの本(鈴木直次著『アメリカ産業社会の盛衰』岩波新書1995)から当時のアメリカを拾ってみると、「19世紀初頭から北東部ニュー・イングランドの綿工業を中心に始まった本格的な工業化の波は、その後、南北戦争と全国的な鉄道網の建設に刺激されて中西部へと広がった。世紀後半は電気、化学、内燃機関など新たな技術革新が続々と生まれた“第二次産業革命”の時代といわれるが、アメリカはその多くの分野でヨーロッパの発明をいち早く産業化し、ドイツと並んで、時代の先頭を走った。鉄道や鉄鋼、石油などの新産業では株式会社が広がり、トラスト運動と呼ばれる大規模な企業合併を通じて世界第一級の規模をもつ巨大企業が誕生した。早くも1880年代前半にアメリカは“世界の工場”イギリスを抜いてナンバーワンの工業国へと躍進し、90年代にはいると当時の花形産業だった鉄鋼生産でもイギリスを上回ったと推定された。19世紀後半から20世紀初頭にかけての経済成長のスピードはずば抜けて高く、一国の経済規模を表わす国内総生産(GDP)の総額でも、また国民の豊かさと生産性の高さを示すそのー人当りの金額でも、1900年には世界最高だった。工業力の躍進とともに、“メイド・イン・アメリカ”は世界へ浸透した。20世紀が始まった最初の年、1901年に、あるイギリス人ジャーナリストは“世界のアメリカ化”という一文を雑誌に発表して、いかにアメリカ製品がイギリスの家庭に入り込んでいるかを明らかにした」ということであった。

 要するに、後の日本や中国がアメリカに対して安価な消費財を輸出して自らの工業化を達成したように、アメリカもイギリスに対して同じことをやってきたのだった。19世紀後半のアメリカは、21世紀初頭の中国と同じ経済発展状況であるのだが、急激にすすむ工業化と経済発展は、いつの世でも必ずひずみを生じさせる。

 ベラミーの本を借りてくるついでに、図書館からオットー・L・ベットマン著『金ぴか時代の民衆生活・古き良き時代の悲惨な事情』(草風社1999)という本を借りてきて読んでみると、次々とヨーロッパから移住してくる移民たちは「スウェットショップ(労働搾取工場)」に押し込まれて、安価な消費財の生産に携わる。まるで、内陸の農村から出てきて上海の工場で働く、現在の中国の女工さんと同じであるが、19世紀後半のニューヨークでの労働環境は、ディケンズの描く19世紀前半のロンドンの下層市民のそれと同じかそれ以下である。
 また、1877年に経済危機、1893年から1898年にかけては不況で、全労働者の5人に1人に当る400万人が失業者し、1890年には、人口の1%の人々が得た利益は、残りの99%の人の総収入と同じであったという。そして、1881年から1900年の間に、600万人以上の人をまきこんで、2378回のストライキがあったという。

 先読みして言えば、これらがベラミーの時代の背景であったのだろうと思われるが、ついでにアメリカの労働運動をアバウトに見て、さらに先読みすれば、以下のとおりである。

 自由主義、市場経済、自己責任の国のアメリカでの労働運動は、困難な運動であったろうが、19世紀の後半には全国的に労働騎士団が結成された。労働騎士団は「企業と賃金労働者というシステムにとって代わり、協同組合的な産業システムを導入することを主張した。・・・彼らは、生産者、消費者及び流通業者の協同組合の創設、児童労働の禁止、性及び人種に関係ない同一労働同一賃金、普通選挙権及び1日8時間労働を主張した。また彼らは富が一部の人々に集中することに反対した」(化学物質問題市民研究会のHPから)ということであったが、やがてより労使協調的なアメリカ労働総同盟(AFL)に取って代わられた。1905年には、AFLの路線に反対する組合が、世界産業労働組合(IWW)を組織した。この組合の戦略はサンジカリズムで、協同主義的共和国を夢見ていたということであるが、そこにはフランスのプルードンの影響があったという。

 IWWは無政府主義として弾圧を受け、第一次世界大戦後にはほぼなくなってしまうのだが、1905年にアメリカに逃れた幸徳秋水はサンジカリズムの洗礼を受け、1914年にアメリカのプリンストン大学に留学した賀川豊彦は、帰途、ニューヨークで労働者のデモ隊に出会って労働運動に目覚めた。賀川豊彦は学生時代から『平民新聞』の読者であったというから、堺利彦訳のモリスの『理想郷』も読んでいたかもしれない。これらは、ロシア経由で入ってきた社会主義とは異なるルートであり、その背景には「イギリス~フランス~アメリカ」と円環する19世紀のグローバリズムがあるように思う。そして20世紀に入ると、その円環は日本にまで及ぶのである。

 『ホイットマン自選日記』の上巻は、南北戦争で傷病兵の看護にあたったホイットマンの記録が大半である。晩年、田舎に身を寄せたホイットマンは、自然の中で内省的な生活を送り、この日記にある散文を書き残した。私も春からは仕事時間を増やして、空いた時間はアメリカ文学でも読むかなという読書計画であったのだが、大内先生からベラミーの示唆を受けて、またぞろ私流文芸評論に入れ込んでいきそうな気がしてきた。はたして、どうなることやらである。

|

« SOHOスタイル | トップページ | 森嶋通夫『サッチャー時代のイギリス』 »

コメント

平山君 貴兄の読書計画を混乱させ申し訳ありません。ベラミー読んでみてください。小生も読みます。堺は、ベラミーとモリスを読み比べモリスに軍配をあげたのです。またモリスはべラミーに対抗して『ユートピア便り』を書いたのです。貴兄の私流文芸評論ならぬ、社会思想評論に期待します。僕も『日本の古本屋』を利用して、高円寺の本屋から昭和13年に出た森戸辰男『オウエン モリス』を購入しました。教育論中心ですが面白いです。

投稿: 大内秀明 | 2006年2月27日 (月) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113260/8824008

この記事へのトラックバック一覧です: 19世紀後半のアメリカとエドワード・ベラミー:

« SOHOスタイル | トップページ | 森嶋通夫『サッチャー時代のイギリス』 »