« ムロケンとマンゴー『就職しないで生きるには』 | トップページ | 年の終わりに »

2005年12月19日 (月)

ドロップアウト・カレッジ

 1週間前の日曜日に門前仲町でNPOのシンポジウムをやって、その次の日は、DTP仕事の取材で茨城まで行って、この1週間は、その締め切りに追われながら、合間合間に近くのレストランで厨房仕事をして、今日やっとDTP仕事の初校を送った。そんなで、その間にあった自主生産ネットワークと中小企業研究所の忘年会には義理を欠き、また28日のセブンさん、JUNさんとの忘年会も義理欠きで、毎晩、他人の忘年会の下働きをやっているという年末である。それでも、レストランの厨房仕事は定時を決めていなくて、レストランが忙しい時に仕事をし、私が忙しい時は休ませてもらうというパターンで、場所も歩いて5分の所だから、フリー仕事にはちょうどいいのである。

 さてシンポジウムであるが、参加が25名と、目標の30名には足りなかったが、赤字にもならず、参加者は若い人が中心で、以下に書くように次につながりもできたのだった。

 シンポジウムの2次会は、門前仲町という場所柄、もんじゃ屋に行ったのだったが、そこでムロケンさんから「“ドロップアウト・カレッジ”をつくろうよ」という提案があって、酔いともんじゃ焼きの最中に訳も分からず可決され、めでたくムロケン・セブン・JUNの強力教授陣も成立、来春より「特定非営利法人・自主事業サポートセンター(NPO・JJSC)」を場にして、「ビート学」「ヒッピー学」「ふーてん学」???の講義とフィールドワークを開始すべく、カリキュラムの編成等の準備に入ることとなった。

 ドロップアウトというのは、進学しないとか、学校を中退するとかを言うのに、その「カレッジ」とはアイロニーではあるが、世に言う「ニート」が生まれる背景に、上昇への脅迫や、そこからの挫折や、その結果によるコンプレックスや、若者にそれを生じさせる「squareな社会」があるとすれば、それを逆手に取って「下流社会」を涼しい顔して生きていくという生き方と、その学び方は、充分に成立すると思われる。優等生と劣等性の差は、「目標」を持つか持っていないかと言われるが、人の生き方の差は、「挫折」をしたかしてないかというのも、これまた当っているのである。

 NPO・JJSCのある千住関屋町は、京成線千住大橋駅の近くで、千住大橋は、深川から舟にのって大川を遡った芭蕉が、舟からおりて、“行く春や鳥なき魚の目は泪”の句を詠んで、「奥の細道」に向けて歩き始めた地であり、非俗の生き方と放浪の原点といえる地である。そして、そこにあるNPO・JJSCが事務所を借りているパラマウント製靴共働社は、かつて10年にわたる倒産争議を経た後に、自主生産企業として再生した、いわば労働者自立の原点にある企業である。そこから始まる「ドロップアウト・カレッジ」、旧くて新しい生き方の再発見への旅立ちです。 乞うご期待!

|

« ムロケンとマンゴー『就職しないで生きるには』 | トップページ | 年の終わりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドロップアウト・カレッジ:

« ムロケンとマンゴー『就職しないで生きるには』 | トップページ | 年の終わりに »