« ドロップアウト・カレッジ | トップページ | ディケンズ『アメリカ紀行』 »

2005年12月31日 (土)

年の終わりに

 朝から冷たい風が吹いていて、ドアを開けると、吹いて行く風の先に富士山が見えて、富士山はずーっと冷たい風に吹きさらされているのかと思ったら、偉大なものに思fujisanえました。
 私は、昨日からは正月休みスタイルで、買い込んだ本を読んだり、ボーっとしてもの想いにふけったり、思い出したように年賀状を書き足したり、あいさつのメールを書いたり、陽が落ちて飲みだすまでの時間をすごしています。

 ムロケンさんから贈られた2006年1月1日発行の奥付のある、ムロケンさんの翻訳した『ビートルズ1964-65』(小学館文庫)を読んだら、想いは40年ほどもタイムスリップしてしまい、その時代を漂います。ビートルズの全米ツアーで歌われたどの曲も、昨日のヒット曲のように思えるのに、その時代、私はまだサッカーに夢中で、1964年には東京オリンピックのサッカーの試合を見に行ったり、1965年にはベンbeatles72チャーズの公演を聴きに行ったりしていました。駒沢競技場の第2グラウンドまでがオリンピックの試合会場だったことを想えば、40年という時代は隔世の感すらするのに、『ビートルズ1964-65』を読んでいると、私も全米ツアーに参加しているような気になってしまうのは、さすが室矢憲治氏の名訳で、言葉が生きているせいでしょうか。

 前回書いた「ドロップアウト・カレッジ」の企画を考えれば、ムロケンさんには、次はやはりケルアックの『路上(On the Road)』のムロケン訳をやってもらい、全国のニート、フリーター、はみ出し者に火をつけて、またそれを「ドロップアウト・カレッジ」のテキストにして・・・と思う訳ですが、いかがでしょうか。この時代を1/1000ミリ動かすには、もうそれしかないというのが、室矢憲治訳『ビートルズ1964-65』を読んだ私の感想です。

 さて、会社勤めをしていた時から、正月休みは読書に耽溺するのが慣わしで、この冬はディケンズを読んでやろうと思っています。 なぜディケンズかというと、2005年の読書遍歴で、ローバート・オウエンやトクヴィルやアダム・スミス、そしてムロケン訳の『ビートルズ1964-65』を読んでいたら、イギリスのこと、とりわけ19世紀以降のイギリスの下層社会のことが知りたくなった訳です。

 また「欧米」という日本語があって、ヨーロッパとアメリカのことを意味するのだと思うのですが、イギリスは果たしてどっちなのか、EUの枠でくくればヨーロッパですが、アングロサクソンの枠でくくればアメリカと同類となります。
 このイギリスのポジショニングは、今後の社会のあり方、例えば日本の目指すべき社会のあり方はアメリカ型なのか、それともヨーロッパ型なのかなどを考える時、極めて重要だと思われます。また、ニート・フリーター対策についても、ビートルズやブリティッシュ・ロックを生み出した文化的背景までも含めて、参考になるのではないかとも考える訳です。

 ディケンズは、とりあえず『アメリカ紀行』から読み始めました。これは1841年のアメリカ旅行記ですが、その時代のアメリカがど うであったのか、ホイットマンの生きたアメリカも知りたいと思う訳です。

 さあ、そんなこんなの正月休み、大つごもりの日、陽もそろそろ落ちてきたようで、いよいよ酒と読書に耽溺の寝正月を始めたいと思います。
 みなさまも良いお年を!
 来年もよろしくお願いいたします。

|

« ドロップアウト・カレッジ | トップページ | ディケンズ『アメリカ紀行』 »

コメント

団子坂から、こんなきれいな富士が見られるなんて思いもしませんでした。(冗談!)

イギリスはヨーロッパではないと思います。物理的にはヨーロッパの端っこですが…。
アメリカの母国だとの自負が強く、ヨーロッパ本土との関係を強めようとはできず、
かといってアメリカと関係をより強めようともできない、煮えきらない関係です。

同じような関係が、日本とアメリカの間に垣間見えるこの頃だと思います。
アジアにありながら、アメリカの51番目の州でありたいと表明しているようにも見えます。
残念ながら、英語が普通の国ではないので、セカンド・シチズン扱いになると思いますが。

陰気な飲み物、ウイスキーの原産地、スコットランドで過ごした冬が、
パチパチという暖炉の火の思い出のなかから立ち上がって来ます。

P.S.
ジョンレノンが殺された25年前の12月8日が、奇しくも太平洋戦争の始まりの日
と同じ日だとは…。

投稿: 850S | 2005年12月31日 (土) 18時14分

ottocento50sさんへ

コメントありがとうございます。
私は海外体験が乏しいもので、以前のイタリアについてもそうですが、ottocento50sさんのコメント、大いに勉強になります。
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: ダルマ舎 | 2006年1月 1日 (日) 20時29分

こちらこそよろしくお願いします。
いいお正月をお過ごしください。
箱根駅伝とラグピーで今日明日は忙しいです。

投稿: 850S | 2006年1月 2日 (月) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年の終わりに:

« ドロップアウト・カレッジ | トップページ | ディケンズ『アメリカ紀行』 »