« 社会的企業? | トップページ | ドロップアウト・カレッジ »

2005年11月30日 (水)

ムロケンとマンゴー『就職しないで生きるには』

LM  ムロケンこと室矢憲治氏が、最近とある雑誌に書いた「未来へのメモワール」という」文章の中に、次の一文があった。「ハワイへの旅から帰ってきて2週間、それまでの2年間に渡るオン・ザ・ロードな生活で各地に散らばっていた家財道具を集め、引越しの日々は、ヒッチャカメッチャカ、チャカ・チャーンな出来事の連続だった。・・・そもそもこんな旅の生活が始まったきっかけはといえば、家庭崩壊、経済崩壊、気分爽快・・・」と。同じ頃、12月11日のNPOのシンポジウム「就職しないで生きるには」のために、そのモチーフになったレイモンド・マンゴーの『就職しないで生きるには』を再読していたら、次の一文があった。「家に対する権利も放棄して元の持ち主に返すと、夜逃げをしてしまった。1977年のことである。一晩のうちに、カラッケツになりさがった。1ヵ月半ほど友人の家の長いすにねとまりすることになった。本屋身の回りのものは箱につめたまま、シアトル中の知り合いのガレージや地下室に分散してあずけておいた」と。なんだこれは、時空を超えて日本とアメリカのビート、ヒッピーは、同じ事を繰り返しているではないか。マンゴーの本には、当時、日本を訪れたことも記されているが、マンゴー氏の日本での転がり込み先を紹介したのがムロケンであったときけば、むべなるかなである。

 さて、レイモンド・マンゴーの『就職しないで生きるには』であるが、1960年代から70年代にかけてのアメリカ、ベトナム戦争が激化する一方で、若者たちの間にはベトナム反戦運動とともに、ヒッピー・ムーブメントが広がっていくのだが、マンゴーはこう書いている。「わたしがまだ20代で、1960年代を炎のようにすごし、明日なんてないという気になっていたころ、仕事というのは憎悪すべき単語だった。わたしは終日遊びまわり、自由を求めて暮らしたがっていた」。「一種の解放区。はずれ者の群れのための地。あのころは“解放”を信じていた。“解放”がわたしたちに共通で、最高に美しいことばだった」。「ドルやセントでできた価値がどれほどでも、もし自由でなければ、価値がない」と。そして、都市生活からのがれた理想主義者のヒッピーたちは、次々とコミューンをつくった。「それは“もうひとつの生き方”を模索する運動だった。政治的レベルの要求ではなく、むしろ文化的反逆だった。新しい文化は、カウンター・カルチャーと呼ばれた」(※中山容の解説より)のである。

 働かず、収入もなく、さまざまな公的援助でくらしていたヒッピーたちは、70年代になるとやがて集団的に新しい文化をめざし“、もうひとつの生き方”の実践を始めた。マンゴーが『就職しないで生きるには』に書いたのは、自らの体験を中心にした元ヒッピーたちの多様な仕事起こしのフィールドワークである。マンゴー自身は書店を始め、朗読会を開き、物書きをやり、非営利団体をつくり、物書きのレクチャーもやった。またある者は自然なサンダルをつくり、またある者は健康食品店をつくり、またある者は『ホール・アース・カタログ』を売り、またある者はレストランを始め、またある者は天然石鹸を製造した。そして、これらのカウンター・カルチャー型の小ビジネスは、「集団主義的」「共同体的」土台に立った「労働者コレクティブ」が運営していることが多いようであった。

 さてさて、60年代から70年代に起こったこれらのカウンター・カルチャ型のビジネスと元ヒッピーはその後どうなったのだろうか。おそらく、70年代にはIBMの大型コンピューターに対抗するパソコンをつくり、80年代にはNPOをつくり、それらをネットワークしながら、90年代にはWWWのインターネット文化へと、引き継がれていったのであろうと思われるが、マンゴー自身の結論はこうであった。「だがわたしはいま1980年代に突入する。わたしも中年の三十路をむかえる。そして“仕事”は美しいことばになり、それこそが最良の“あそび”になった。仕事こそいのちだ。それが報酬だ。その仕事がいいものなら、それを感じることができ、充実感がある。わたしたちは根源的利益をつかむ。(でも、むりをしないこと。これは忘れるべからずだ。追い求めれば、それだけ、逃げていってしまう。なんであれ)」である。

 『就職しないで生きるには』の原題は「COSMIC PROFIT(根源的利益)」だそうである。要は「体制からのドロップアウトのつぎに、それなら、どうやって生き延びるのか、生計をたてつつ、同時に自由で、楽しめる仕事(根源的利益)をどうやってつくりだし、どうやって守り抜くかという問題・・それについて考えることが、この本のねらいだ」(※中山容の解説より)ということである。

 思えば、日本でも規模は小さいが、60年代末から70年代にかけて、中央線沿線などに4畳半型コミューンがけっこうあって、その中からエコロジカルな仕事起こしがなされてきた。この辺りは、フーゲツのJUNさんのブログ、確か今年の5月頃にまさに「就職しないで生きるには」のタイトルで連載されていたのを読むと、よく分かる。私は、70年代の初めに大学を中退した後、本屋で働いて、その頃は自分で本屋をやりたかったものだったが、やがて生協で働くことになり、70年代には「食品の安全性云々」を言いながら、そして80年代に入ると日本にもアメリカの「労働者コレクティブ」が知られるようになり、それは「ワーカーズ・コレクティブ」と称されて、既存の生協に飽き足らなかった私は、それに入れ込んでいったものであった。そして今、自分なりに「就職しないで生きるには」を実践している。

 60年代からの日本の若者の反体制運動は、当時の日本の後進性を反映して、その主流は左翼主義的な学生運動にあって、やがてその多数は企業社会に収斂してしまったのが実情であった。そして現在、その中心にあった団塊の世代はリストラもしくは退職の世代となり、その子供たちの世代には「下流社会」化が待ち受けているという。さて、団塊の世代の行く末は、自業自得でもあるからいいとしても、団塊ジュニアの行く末は果たしてどうなるのであろうか。

 そんなこんなで、かつて日本のカウンター・カルチャーの中に生き、その後もずーっと就職しないで生きてきて、日本のカウンター・カルチャーの中心にいつづけるビート、ヒッピー、ふーてんのお三方にお集まりいただいて、この12月11日(日)に、シンポジウム「就職しないで生きるには」をやることとなった。パネラーであるムロケンさん、ドクター・セブンさん、フーゲツのJUNさんは、「就職しないで生きるには」を実践してきた人たちである。私もパネラーもみんな既にいい歳だが、フリーター的若者たちと共に、「生計をたてつつ、同時に自由で、楽しめる仕事(根源的利益)」について、「就職しないで生きるには」の可能性を今一度考えてみた7HMいと考えている。日本におけるカウンター・カルチャー・ムーブメントは未完のままで、団塊オヤジはここでくたばるわけにはいかないのだ。世間から何を 言われようと、団塊は不滅なのだ。多くのみなさまの参加を期待しています。

|

« 社会的企業? | トップページ | ドロップアウト・カレッジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113260/7388109

この記事へのトラックバック一覧です: ムロケンとマンゴー『就職しないで生きるには』:

» 12/11 シンポジウム「就職しないで生きるには」〜ビート的生きかた [風雅遁走!(ふうがとんそう)]
シンポジウム:就職しないで生きるには〜 ビート的生き方 Beat Style〜 [続きを読む]

受信: 2005年12月 7日 (水) 19時42分

» 12/11 シンポジウム「就職しないで生きるには〜ビート的生きかた」 [凶区ブログ]
シンポジウム:就職しないで生きるには〜 ビート的生き方 Beat Style〜 「下流社会」から対抗文化を ニート、フリーターから“夢ある貧乏人”へ この時代を1/1000ミリ動かすために・・・ パネラー:Love & Peace & Freedomeの巨匠たち 室矢 憲治(ビート詩人) ドクター・セブン(ヒッピー詩人) フーゲツのJUN(ふーてん詩人) 司 会:平山 昇(NPO JJSC/ダルマ舎) 日 時:12月11日(日)午後5時半開場、6時開始(パネラート... [続きを読む]

受信: 2005年12月 7日 (水) 20時11分

« 社会的企業? | トップページ | ドロップアウト・カレッジ »