« 過ぎ去った海の思い出 | トップページ | 恐慌論の形成とコニュニティの形成 »

2005年9月26日 (月)

海辺の錆落とし

海辺の錆落とし

錆びついた輝き砂に落とし

落ちない錆は指にからめて

あの頃と今のめぐり合い

錆びつくのもいいものだ

夏の終わりの風に吹かれて

※「過ぎ去った海の思い出」への梶山さんのコメントを読んだら、久しぶりに詩がひとつ書けました。梶山さんに感謝、感謝。

|

« 過ぎ去った海の思い出 | トップページ | 恐慌論の形成とコニュニティの形成 »

コメント

“錆びつくのもいいものだ”
この一言 すごいです。
Let It Beではない 深く力強い何かを
内包しているというか。。。
うまく言えませんが。

投稿: kaji-G | 2005年10月 3日 (月) 02時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113260/6132483

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺の錆落とし:

« 過ぎ去った海の思い出 | トップページ | 恐慌論の形成とコニュニティの形成 »